『コンフィデンスマン』最終回、ドラマ史に残る大どんでん返し&壮大な伏線に視聴者呆然

Business Journal / 2018年6月13日 19時0分

 最終回だと思って見ていたら、第1話の前日譚だったことがラストにわかるという大仕掛けもすごい。普通に視聴していればこのドラマが時系列順に放送されていないことがわかるようにはなっていたが、それが伏線だったとは恐れ入る。戸田菜穂をはじめ、著名な俳優たちをチョイ役で起用する「無駄遣いキャスティング」もおもしろさを増していた。なかでも、野間口徹は本人が事前にTwitterで出演を予告したにもかかわらず、架空の人物として一瞬登場したのみであり、視聴者の間でも「ぜいたくすぎ」と話題を呼んだ。それだけ古沢氏のドラマに出たいという俳優が多いということだろう。

 出来の良い回とそうでない回との差が激しかったものの、意欲作であったことは間違いないし、長澤をはじめレギュラー俳優陣・ゲスト俳優陣ともに持ち味を生かした演技で古沢氏の描く世界観を生き生きと表現してくれた――というのが、全10回を通したこの作品への評価だ。劇場版への期待も高まる。
(文=吉川織部/ドラマウォッチャー)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング