片山さつき大臣、取材中に「つけまつげ」落下でご本人が「ストップ!」と叫び取材中断

Business Journal / 2018年10月6日 18時0分

写真

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 第4次安倍改造内閣が始動しましたが、10月4日には副大臣と政務官の人事も発表されました。今回、入閣した女性は片山さつき議員だけだったので、副大臣に女性議員を大量投入してきたという印象です。

 たとえば、これまで片山大臣とことあるごとに張り合ってきた佐藤ゆかり議員が総務副大臣に抜擢されました。地元の人たちは喜んでいるのかと思いきや、「これまでもほとんど帰ってきてなかったから、そんなに変わらないね」と、お祝いムードとは程遠い感想が多かったです。

 また、永田町のおじさまたちからダントツ人気の高階恵美子議員が厚生労働副大臣に就任しました。メディア露出が少ないせいか全国的な知名度は低いのですが、厚労省出身の高階議員の実力を評価する声は多いです。その上、独特の色気もあるようで、ルックスにも定評があります。神澤も、この人事は適任だと思いました。

 また、政務官人事では、鈴木貴子議員の防衛政務官と大西英男議員の総務政務官就任が注目されているようです。大西議員は失言の多さで知られており、最近では、受動喫煙問題に関して「がん患者は働かなくていい」と言ったのが有名ですが、“余罪”はいくらでもありそうです。そのほかにも、「自民党が好きでない」と言った巫女さんのことを「巫女さんのくせにナマイキ」「口説いてやる」などと言って、自民党内からも批判の声が出たことがありました。秘書たちは、「大西さんと桜田(義孝)さん、どっちが先に失言するかな」と笑っています。

 鈴木議員については、まだ32歳という若さのほか、お父様があの鈴木宗男元官房副長官ということもあって、注目度が高いのだと思います。安倍晋三首相は、今もロシア外交で“ムネオルート”と呼ばれる宗男氏のロシア人脈を頼っているともいわれているため、どうしてもお父様の姿がちらついてしまうのでしょう。

 その宗男氏は、来年の参議院議員選挙に古巣の自民党からの出馬を模索しているとも、自民党と協力関係にあるとされる政党から出馬予定とも、ささやかれています。はっきりするのは、来年4月に行われる統一地方選挙が終わった頃になりそうですが、こちらも気になるところです。

●永田町に現れた貴乃花の真意

 同じく4日の午後、衆議院第1議員会館のロビーがお祭り騒ぎのようににぎわっていました。その中心にいたのは、先日、日本相撲協会を退職した元横綱貴乃花の花田光司氏です。この日、引退の報告のために馳浩議員の事務所を訪れていたようです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング