セブン&アイ、セブンイレブン以外が撃沈…そごう・西武を放出で「切り売り」との観測広まる

Business Journal / 2018年10月20日 0時0分

写真

 経済誌のスクープ合戦が続いている。

 10月10日、「ダイヤモンド・オンライン」が『そごう・西武の売却説が急浮上』、「日経ビジネスオンライン」が『ファミマ、ユニー全株をドンキに売却検討』と報じた。同じ日に、2つの再編話が流れたことになる。ドンキホーテホールディングスによるユニーの買収については、即座に正式発表されたから、会社側からのリークがあったとみる向きが多い。次はそごう・西武の身売りが現実となる番だろうか。

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は9月26日、伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店、新潟三越の3店舗を閉鎖すると発表した。この店舗閉鎖の発表と同時に浮上してきたのが、セブン&アイ・ホールディングス(HD)傘下の百貨店、そごう・西武の売却説だ。

 そごう・西武は、鈴木敏文名誉顧問(前セブン&アイHD会長)が残した“負の遺産”との見方がある。鈴木氏は百貨店という業態に固執した。

「野球選手が一度はジャイアンツのユニフォームを着たがるように、流通人として百貨店というステータスが欲しかったのではないか」(大手百貨店の首脳)

 スーパーマーケットを立ち上げ、日本に流通革命を起こした第一世代の経営者は、百貨店を経営したいとの思いがことのほか強い。彼らが若いころは、百貨店が流通業界の華だったからだ。

 鈴木氏がセブン&アイHDを去って2年半余。井阪隆一社長が構造改革の成果を出すためには、鈴木氏の“遺産”でもっとも大きい百貨店事業の処分に手をつける必要がある。そごう・西武は、長期低迷が続いているからだ。

●売却先候補は?

 セブン&アイHDの連結子会社であるそごう・西武の2018年3~8月中間期決算の売上高は2920億円。前年同期に比べて464億円、13.7%減と2ケタの落ち込みである。営業損益は2億9200万円の赤字(前年同期は6億2600万円の黒字)に転落した。

 そごう横浜店など首都圏の大型店は改装に取り組んだが、地方店の譲渡や閉店に伴う損失が重荷となり、営業赤字を計上する破目に陥った。既存店の売り上げは1.0%減だった。

【主要店舗売上高】(18年3~8月期)
・西武池袋本店…886億円(前年同期比-2.2%)
・そごう横浜店…530億円(同0.6%)
・そごう千葉店…363億円(同2.1%)
・西武渋谷店…213億円(同3.3%)
・そごう広島店…189億円(-3.4%)
・そごう大宮店…159億円(-0.6%)
(資料:セブン&アイHD 18年3~8月期決算の補足資料)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング