話題の日本橋高島屋の早朝・深夜営業で衝撃の光景…大行列の店&ガラガラの店の落差

Business Journal / 2018年11月14日 6時0分

写真

 9月25日、東京の日本橋にある百貨店「日本橋高島屋」の新館がオープン。これにより日本橋高島屋は、本館、ウオッチメゾン、東館、新館の4館体制となる都市型ショッピングセンター「日本橋高島屋S.C.(ショッピングセンター)」へと生まれ変わった。

 日本橋高島屋S.C.全体のコンセプトは「『美しい暮らしスタイル』を発信する店」であり、新館のコンセプトは「『日本橋生活者』のための場の提供」。新館を職場でも家でもない居場所、いわゆる「サードプレイス」として提供することで、日本橋付近に住む人や、日本橋で働く人に「美しい暮らしスタイル」を発信していくことを目的としている。

 そのため、テナントのおよそ4割を飲食店が占めていたり、ヨガスタジオや茶道教室といった体験型テナントを擁していたりと、日本橋高島屋新館は百貨店として異質な特徴をいくつも持っている。特に注目を集めているのが、一部店舗ではあるが早朝・深夜営業を行っている点だ。朝は7時30分から一部飲食店などが開いており、夜はレストランフロアと一部店舗が23時まで営業している。そのため、仕事の前後にビジネスパーソンが利用できる百貨店となっているのだ。

 しかし、コンビニエンスストアやファストフード店などがあるのに、わざわざ百貨店を利用する客がいるのか、と懐疑的な意見が挙がっているのも事実。そこで今回、新館のオープン直後の賑わいがひと段落したであろう10月初旬、早朝と深夜に高島屋新館へと赴き、調査を行った。果たして日本橋高島屋新館は「日本橋生活者」に受け入れられているのかレポートしていこう。

●早朝にもかかわらず“朝活”をする人の姿が 有名パン屋には行列も

 平日の朝7時30分頃、開店直後の高島屋新館に入店する。この時間帯から空いている店舗は、地下1階のパン屋「リチュエル」と、地上1階の飲食店を中心とした9店舗、4階のヨガスタジオ「リベリー」、5階の「スターバックス」である。

 先に結論をお伝えすると、早朝客のほとんどは1階の飲食店利用者であり、地下1階の「リチュエル」や4階の「リベリー」は深夜のコンビニのようなガラガラ具合。5階の「スターバックス」も、筆者が足を運んだ時点での店内の利用者は5、6人程度であった。そのためここでは1階の様子をメインに紹介していこう。

 まず、新館の1階で早朝営業している店舗は以下の通り。

・「銀むすび」(おにぎり専門店)
・「神戸牛のミートパイ」(ミートパイ専門店)
・「ポタスタ」(サンドイッチ専門店)
・「カユ・デ・ロワ日本橋」(中華粥専門店)
・「365日と日本橋」(ベーカリー)
・「ディーン&デルーカ カフェ」(カフェ)
・「ニュートラルワークス.スタンド」(カフェスタンド)
・「紀ノ国屋アントレ」(スーパーマーケット)
・「ジーエムティー ファクトリー」(靴や服などの修理店)

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング