作業着専門店「ワークマン」、女性客殺到でブームに…圧巻の高機能&低価格

Business Journal / 2018年11月21日 11時0分

写真

 11月中旬の平日、今話題のワークマンの新型店「ワークマンプラス」の2店舗を訪れた。9月5日にオープンした1号店の「ららぽーと立川立飛店」(東京都立川市)と、11月8日にオープンした2号店の「川崎中野島店」(神奈川県川崎市)だ。どちらの店舗も多くの来店客で賑わい、レジには長い行列ができていた。

 ワークマンはプロの作業員が使う、機能性が高い作業服などを販売することで知られているが、近年は人気が一般消費者に広まったことから、一般消費者向けの衣料品などを開発、それを専門的に扱うワークマンプラスの出店を9月から始めた。

 ららぽーと立川立飛店は、大型商業施設「ららぽーと」に入居している。同店は一般消費者向けだけを扱い、プロ向けは扱わない店舗となる。同商業施設には多数の衣料品店が入居しているが、筆者が見た限り、同店がもっとも賑わっていた。ワークマンといえば男性客が多いイメージがあるが、同店は女性客も多く、およそ半数を占めていた。女性が着ることができるおしゃれな衣料品も充実しているためだろう。一般向けは機能性だけでなく、ファッション性が高いのも特徴となっている。

 なお、同店のオープン初日には多くの人が殺到し、30分待ちの行列ができたという。初日の坪当たりの売上高は既存のワークマン店舗の約3倍にもなったとしている。その後の売り上げも好調のようで、平日は50万円以上、祝祭日は100万円以上と、売上予算を大幅に超える勢いが続いたという。

 川崎中野島店は、ロードサイド型の店舗だ。品ぞろえは半分が一般消費者向けで、半分はプロの作業員向けとなる。同店も多くの来店客で賑わっていた。訪れた時は男性が多く、全体の8割ほどを占めていた。一般向け売り場のほうが賑わっていたが、プロ向けもなかなかの賑わいを見せていた。一般消費者とおぼしき人が、プロ向け商品を購入するケースが少なからず見受けられたのが印象的だった。一般向けが誘い水となり、プロ向け商品の販売につながっているようだ。

●プロ作業員向け商品がバイクユーザーなどの間で拡散

 実は、ワークマンプラスで扱っている一般消費者向け商品は当初、プロの作業員向けに販売していたものだったという。ところが、それらを一般的な用途で使う人が現れるようになり、そのことがSNSなどで拡散、そして人気が出るようになったため、2年半ほど前からそれらの商品を一般消費者向けにブランド化、全国のワークマン800店超で売り出すようになった。それらの売上高は右肩上がりで伸び、2018年3月期は前期から倍増となる60億円を売り上げたという。今期(19年3月期)は前期の2倍生産し、売上高は前期から倍近い115億円を見込んでいる。

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング