米倉涼子、『ドクターX』に続き『リーガルV』も連続大ヒット…「絶対に失敗しない」理由

Business Journal / 2018年12月15日 18時0分

写真

 米倉涼子主演の連続テレビドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)の最終話(第9話)が12月13日に放送され、平均視聴率は4.2ポイントアップの17.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。5話から視聴率が落ち込んでしまったことは残念だが、有終の美を飾ったといえる。まだまだ、米倉ブランドは健在のようだ。

 最終話では、小鳥遊翔子(米倉)がライバルのFelix & Temma法律事務所の代表・天馬壮一郎(小日向文世)を訴え、弁護士資格を剥奪されていた小鳥遊がついに法廷に立った。インターネット上では、「やっと小鳥遊さんがキター!」「やっぱり弁護士としての小鳥遊さんが見たい!」との声が多くあがっていた。

 ただ、この裁判の本当の目的は、守屋至(寛一郎)に殺人を依頼した人物を暴くこと。守屋の証言により、NPO法人「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)が黒幕であることがわかるが、その証拠がない。小鳥遊たちは裏帳簿を手に入れ、裁判で天馬が大峰の父親であることを暴露するが、逆に天馬の代理人である海崎勇人(向井理)に「あなた自身があなたの言葉を嘘だと認めた映像がある」と言われ、大ピンチに陥る。

 しかし、法廷に流れたのは天馬が大峰に殺人を依頼する映像で、大峰が天馬を「父さん」と呼んでいる。どうやら、海崎と白鳥美奈子(菜々緒)は天馬を裏切ったようだ。まさかの展開に、視聴者からは「海崎さんかっこいい!」「まさかの裏切り!」という声があがった。

 結局、小鳥遊は元カレの海崎に救われた。そして、法廷を後にした天馬の前に秘書の中沢淳美(宮本茉由)がワインを持って登場し、いつもの仕返しとばかりに天馬にワインをぶっかけて去っていく。まさにスカッとする展開であった。

 天馬を失脚させた海崎は、事務所の名前をFelix & Kaizaki法律事務所に変えて代表に就任する。そこに小鳥遊が登場。一連の流れは小鳥遊が描いたシナリオ通りであり、証拠映像を手に入れた海崎が天馬を裏切ることに賭けたというのが真相のようだ。

 ただ、最終回での小鳥遊の活躍は、ロッカーキーが使えるロッカーを探し当てたことだけ。それ以外は運任せの展開であり、探し出した裏帳簿も証拠として重要視されていなかったことから「小鳥遊さん何もやってない」「完全勝利ではない」「もっと小鳥遊の活躍が見たかった」という声も多くあがっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング