韓国のレーダー照射は「危険行為」に該当せず…根深い韓国軍の反日姿勢、日本を仮想敵国化

Business Journal / 2019年1月9日 21時0分

 元航空幕僚長の田母神俊雄氏は最近ツイッターで「火器管制レーダー照射は全く危険ではない」と述べた由だ。同氏は航空自衛隊の対空ミサイル「ナイキ」部隊の出身で、自分たちもやっていたから、危険はないことを説明したかったのだろう。

 防衛省がP1哨戒機が火器管制レーダーによる照射、追尾を受けたというのに対し、韓国側は遭難した北朝鮮漁船の救助のため、水上見張りレーダーを使っていた、と主張している。広い範囲を見張る水上レーダーは通常アンテナを回転させるが、火器管制(射撃用)レーダーは移動する目標をとらえて追い続けるし、周波数帯も異なるから、P1が誤った判断をするとは思えない。

 韓国軍、特にその海空軍は、北朝鮮の海空軍が極めて弱体であるため、新鋭装備の導入予算獲得のためには日本を仮想敵にする必要がある。「日本が独島(竹島)を取りに来る」と宣伝し、それに対抗するためヘリ空母は「独島」と名付け、潜水艦導入の際には議会で「日本のシーレーン遮断のため」と説明していた。空中給油機も購入しようとし、米国防総省の担当者が「北朝鮮の奥行きは500キロ程度、なぜ給油機がいるのか」と聞くと「東京攻撃のために必要だ」と答えるなど、公然と日本への敵意を表してきた。東京まで1000キロの空域での制空権確保が目標と公言もしている。

 国際観艦式に招いた自衛艦に旭日の艦旗を掲揚しないよう求めたり、朝鮮半島有事の際の在留日本人の避難に関する交渉にも応じないなど、反日と愛国が混然一体となっている韓国軍にとっては、レーダー照射について日本に「失礼しました」と頭を下げることは面目失墜になるから、否定を続けるだろう。

 日本としては厄介な隣人だが、韓国軍との口論に深入りしても相手が反日姿勢を改めるとは思えず、相手のレベルまで降下した感を内外に与える。常に少し距離を置いてあまり構わないようにするのが得策ではないか、と考える。
(文=田岡俊次/軍事ジャーナリスト)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング