ラファエル氏アカウント停止が契機に?「ユーチューバーは稼げる」という幻想の終焉

Business Journal / 2019年2月2日 11時0分

写真

 年明け、雑誌編集者のN氏から「お知り合いにユーチューバーはいませんか」という問合わせが入った。YouTubeについて筆者はほとんど素人なので、2009年からYouTubeに動画を投稿してきたという知り合いの映像クリエーターに聞くと、「ユーチューバーが日本に何万人いるか知らない。ユーチューバーの明確な定義もない」と言う。なぜなら「チャンネル登録者(視聴者)数が700万人を超えるトップクラスのユーチューバーもいれば、自称ユーチューバーもいる」からだ。

 彼の「最近のユーチューバーは分野特化だ。要望次第ではコンタクトできるかもしれない」という言葉を受けてN氏と打ち合わせを進めていたとき、「人気ユーチューバーAAAjokenを大麻保持で逮捕」というニュースが流れてきた。報道によると、愛知県豊田署は1月12日午後8時40分ごろ、AAAjokenこと城ノ下航容疑者(33)が豊田市内の集合住宅の駐車場で乾燥大麻約31グラム(末端価格約18万6000円)を所持していたのを確認し、21日、大麻取締法違反容疑で逮捕したという。

●1動画の再生回数が1000万超のときも
 
 AAAjokenはYouTubeのチャンネル名「AAAjoken toys」に由来している。Twitterのハンドルネーム「joken」に、「最高ランク」のAAAを冠したのだろうか(現在「joken」名のTwitterは閉鎖されている)。チャンネル登録者335万9000人強、投稿した動画2010本の再生回数が40億回を超える人気ユーチューバーだ。ニュースが流れた数時間後、YouTubeには早くも「AAAjokenってどんな人か」「通報した友人に感謝しろ」「年収は?」といった投稿が相次いだ。

 城ノ下容疑者は自身のTwitterで「YouTubeを始めたのは6年前」と語っている。書き込んだ時点からすると、2012年の秋頃のようだ。アニメ「アンパンマン」などのキャラクターと知育玩具を組み合わせた動画でブレイクし、3年後の2015年には人気ユーチューバーになっていた。

 一般的に動画投稿者が得る収入は、動画再生1回につき0.1~0.2円などといわれるが、ユーチューバーに聞くと「実際はそんなに単純なものではない」という。計算の基本は再生回数と再生時間だが、広告収入が分配されることもある。有名なユーチューバーは講演やテレビ、コマーシャルなどでも稼げるので、城ノ下容疑者のピーク時の年収は「1億円超えだったのではないか」と言う人もいる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング