森友問題、試掘写真偽装が発覚…工事事業者「(国交省から言われ)いい加減につくった」

Business Journal / 2019年2月21日 6時0分

写真

 森友問題をめぐる試掘写真偽装問題の解明は、昨年末から今年初頭にかけて大きく進み、再び安倍内閣に退陣を迫る事実が浮上しつつある。

 野党合同ヒアリング(司会・進行:川内博史衆院議員)で集中的に調査された試掘写真偽装問題。今年1月17日、野党合同ヒアリングメンバーは現地である大阪に出張し、試掘写真を撮影したという藤原工業株式会社の藤原浩一社長と面会し、2016年3~4月の試掘写真の撮影状況について事情説明を受けた。その中で藤原工業から「いい加減にやった」「同じ穴だと思う」という重大発言が飛び出した。

 この17日の事業者の発言について報道しなかったNHKは、藤原工業が後日(2月4日)発表した野党を批判する回答書について「森友学園問題 立民・共産の議員の発言に工事業者が反論」と大きく取り上げた。筆者が確認する限り、NHKはこれまで写真偽装問題を取り上げたことはなかったが、今回は事業者の回答書を鵜呑みにして野党を批判した格好になる。

 当初、ヒアリングメンバーは写真作成の実務にかかわった近畿財務局(財務省)と大阪航空局(国交省)の職員に直接質問し、写真偽装の事実を認めさせることも視野に入れていたが、両省は待ったをかけ、相変わらず真相隠しの対応を取り続けている。現地の近畿財務局と大阪航空局の職員からの聞き取りはできなかったが、試掘事業者である藤原工業と元森友学園理事長の籠池泰典氏から事情説明を受ける出張ヒアリングが持たれた。

 籠池氏からは重大発言が飛び出した。当時、学園名誉校長だった安倍晋三首相夫人の昭恵氏は改ざん前の文書で、学園への前例のない貸付、不当な値引き売却に利用されていたが、棟上げ式には祝電も送っていた。いよいよ森友問題は昭恵氏を抜きに語ることはできない。改ざん前文書のなかでは、昭恵氏が学校建設を応援していることも記録されており、昭恵氏の証人喚問を求める声が再び高まりそうだ。

 その上、事業者の藤原工業社長の発言は衝撃的であった。「国交省から『何か資料を出せ』と言われ、従業員がいい加減につくった」資料を国交省に提出し、値引きの根拠としていたのである。また写真偽装については、「(別の箇所の穴だと国交省が説明してきた穴について)私も同じ穴だと思う」と答えた。

●事業者、回答書でも同一の試掘穴だと認める

 これまで国会で行われてきた野党合同ヒアリングでは、写真偽装問題について国は業者が撮影した写真だと主張し、疑問点については森友学園の校舎建設を設計・管理してきたキアラ建築研究機関に問い合わせるとし、1年6カ月も回答を引き延ばしてきた。ところが、当の試掘した藤原工業の社長が、試掘写真の偽装を認める発言を行ったのである。国は、この偽装写真に基づき大幅値引きを決定したことになる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング