北海道地震、鳩山元首相の「人災」発言が物議…CO2地下貯蔵で人工的に起こされたと主張

Business Journal / 2019年2月23日 15時0分

写真

 2月21日夜、北海道の厚真町で最大震度6弱を観測する地震が発生した。震源の深さは約30キロ、マグニチュードは5.8と推定されている。同地域では、昨年9月に震度7を観測した「北海道胆振東部地震」が発生しており、気象庁は「一連の活動によるもの」「地震活動は当分続く」との見解を示している。

 すでに札幌市と苫小牧市で4人の負傷者が確認されているほか、厚真町では約100戸での断水や雪崩などの被害も伝えられている。

 そんななか、鳩山由紀夫元首相の「人災」という指摘が波紋を広げている。鳩山氏は、地震発生の数時間前にツイッターで以下のように発言した。

「先日昨年の北海道厚真町地震が高圧でCO2を地下に貯蔵するCCSにより人工的に引き起こされたのではないかと書いた。実際、北大の研究者が5年前にその可能性があるとする論文を発表していた。日本では地震の影響を考慮するとCCSは非現実とも述べている。政府は決して認めないだろうがCCSは再考すべきだ」

「二酸化炭素の回収・貯蔵」を意味するCCSが地下で行われていたことにより、昨年の大地震が引き起こされたのではないかという指摘だ。そして、地震発生後には以下のようにツイートしている。

「先ほど北海道厚真町の地震は苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験CCSによるものではないかと書いたばかりの本日、再び厚真町を震源とする震度6の地震が起きてしまった。被災された方々にお見舞いを申し上げると同時に、本来地震に殆ど見舞われなかった地域だけに、CCSによる人災と呼ばざるを得ない」

 これに対して、高須クリニックの高須克弥院長はリツイートした上で「え? 人災?」と反応。また、インターネット上では「人災と断定するならもっと明確な根拠を示すべき」「災害時に軽率な発言は控えたほうがいいのでは」「安倍政権批判に利用しているだけのように見える」という声が噴出しており、「あなたの存在こそ人災」「“悪夢の民主党政権”の象徴が何を言う」との辛辣な声もあがっている。

 安倍晋三首相が10日の自民党大会で「悪夢のような民主党政権」と発言したことに対して、鳩山氏はツイッターで「菅、野田政権はさほど悪夢ではなかったかも知れないが、初期の民主党政権は米官業政電の癒着や派生する無駄遣いを排除しようとしたので、そう思われても当然だと思う。今一度彼らにとって悪夢の時代に戻さねば国は滅びる」と猛反発しており、自らの実績を誇示するような反応が賛否両論を呼んだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング