18歳の現役eggモデル伊藤桃々が語る“インスタ映え”と“アクセス解析”

Business Journal / 2019年4月10日 21時0分

写真

 ギャルモデル・伊藤桃々(もも)は、この春高校を卒業したばかりの18歳だ。5月に復活するギャル雑誌「egg」(発行はMRA、ウェブ版が先行して2018年に復活)の専属モデルも務めており、JKに大人気の恋愛リアリティ番組『オオカミくんには騙されない』(AbemaTV)への出演で人気が全国区に。最近は“白ギャルモデル”としてテレビ出演も増え、ポスト・藤田ニコル、みちょぱ(池田美優)と目されている存在だ。

 弱冠18歳ながら、大人顔負けのバイタリティで、おのれを冷静に見つめながら活動を続ける彼女。【前編】では、その戦略的な“仕事”論について語ってもらったが、彼女に限らず現在の若い女性タレントが、特に同世代の女性からの支持を集めるのに必須のアイテムとなっているのが、いわずと知れたSNSだ。実際のところ、彼女のInstagram、TikTokのフォロワーは約30万人、Twitterのフォロワーは15万人。1回のツイートで平均1万以上の「イイね」を集めてみせる。しかしそこにもやはり、綿密な戦略性があるのだという。

 ちょっとしたメディア・プロモーターさながらのアクセス解析、テレビなどの大手メディアにおける自分の“価値向上”とSNSでの“人気”との冷静な見極め……等々、“SNSの達人”である彼女ならではのメディア戦略について、引き続き話を聞いた。

●伊藤桃々(いとう・もも)
2000年12月16日、静岡県生まれ。2018年、ウェブ版「egg」のモデルとしてデビュー。若年層に大人気のリアリティ恋愛番組『太陽とオオカミくんには騙されない♥』(AbemaTV)シーズン4に出演。Instagramフォロワー約30万、TikTokのフォロワー約44万を誇る。趣味はメイク、アニメ。中学校時の部活はバスケ部。

●Twitterに上げる写真は常に3枚

 現在専属モデルになっている「egg」は、1990年代に当時のギャルブームを圧倒的なパワーで牽引したが、2015年にいったん休刊している。地元・静岡で彼女が“ギャル”になった頃に当然「egg」はすでになく、ギャルブームも落ち着いていた時期。にもかかわらず彼女は時流に逆らい、どうして“ギャル”を目指したのだろうか?

「ギャルを目指したというよりも、自分の“かわいい”を追求したら、結果的にギャルになっていたんです」

 スカウトがきっかけで「egg」モデルになったという経緯は、【前編】に書いた通り。当初は無名だったものの、メイクやファッションを研究し、「egg」の中でも珍しい“白ギャル”モデルとして頭角を現してきた。そんな中、人気動画アプリ・TikTokになんとなく投稿した動画が、いきなり“バズ”を生み、さらに注目されるようになったという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング