『ラジエーションハウス』本田翼の演技に「素人」「ドラマ台なし」と酷評噴出への違和感

Business Journal / 2019年4月17日 19時0分

写真

 窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)の第2話が15日に放送され、平均視聴率は12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。初回から0.4ポイントしか数字を落としておらず、好調に推移したといえる。このドラマは、レントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師・五十嵐唯織(窪田)が、病の写真家として目には見えない患者の病気を見つけ出し、命を救っていく医療ドラマだ。

 第2話には、膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)が登場した。レントゲン画像の読影をした甘春杏(本田翼)は成長痛の可能性があるとして経過を見ることにするが、唯織は見えない病気が隠れている可能性に気づいた。さらに、健太郎の母・美佐子(中越典子)にも重大な病気の可能性が浮上するが、シングルマザーとして子供を育てなければならない彼女は検査を拒否した――という展開。その後なんだかんだあるが、個性豊かな放射線技師たちが唯織に協力し、隠れていた病気を発見して患者の命を救ったという結末は前回と同じだ。

 優れた技術や能力を持つ主人公が活躍する医療ドラマである以上、結末がここから大きく外れることは考えにくい。悪く言えばワンパターン、良く言えば王道ストーリーがこれからも繰り広げられることになるだろう。視聴率もある程度安定して高水準を保つのではないだろうか。

 第2話については、「初回より見やすくなった」との視聴者の声が非常に多くネット上に見られた。初回は拡大版であったために内容が薄く間延びした感じがあり、『HERO』(フジテレビ系)などを連想させるクドい演出も目に付いたが、第2話ではかなり改善されたからだ。

 母と子それぞれの病気を発見する過程を軸にしながら、技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)の人物像に迫るストーリーも好評だった。小野寺はどう見ても、仕事に没頭して家庭を顧みないタイプの男性。ギャンブル好きでもあり、別居している妻から何度も離婚届を送り付けられているが、そのたびに捨てている。離れ離れになっている息子とのわずかなつながりを断ち切ってしまいたくないからだ。

 妻にしてみればクソみたいな男だと思うが、職場ではまったく違う顔を見せる。医者を立てながらも、しばしば勝手な行動を取る唯織を守り、「自分が責任を取る」と言い切る男気あふれる一面を見せる。私生活はいいところなしなのに、職業人としては上に立つにふさわしい“デキる男”だ。遠藤憲一はそんな極端な2面性をごく自然に演じ分けており、「なかなかのクズだな」と視聴者に思わせたかと思えば、その直後には「かっこいい」「こんな上司のもとで働きたい」と思わせてくれる。役柄にぴったりはまったキャスティングであり、遠藤も制作陣の意図に応えた素晴らしい演技をしているといえよう。あまりにも遠藤演じる小野寺技師長の存在感が抜群だったため、相対的に母と子の病気を見つけるメインストーリーの印象が薄くなってしまったほどだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング