IKEA、買ってはいけない日用品5選…ひん曲がるまな板、衣料が滑り落ちるハンガー

Business Journal / 2019年5月26日 11時0分

写真

 欧州産の洗練された家具や、便利な日用品などを低価格で販売している世界有数の家具メーカー「IKEA」。日本だと関東に4店舗、関西に2店舗あるほかは東北・中部・九州に1店舗ずつしかない割には、国民にかなり認知されているのではないだろうか。

 日本法人であるイケア・ジャパンは、2018年8月期の決算によると、売上高840億9100万円(前年同期比13.5%増)という成績。ただ、営業損失9億6200万円、経常損失8億2400万円と、マイナスが目立つのもまた事実だ。前期は営業損失14億4600万円、経常損失12億7900万円だったので持ち直しつつあるが、意外と苦戦を強いられているのかもしれない。

 そもそもIKEAとはヨーロッパのスウェーデンが発祥であり、「より快適な毎日を、より多くの方々に」というビジョンを掲げ、大勢のファンを獲得してきた。

 しかし、IKEAの数ある商品のなかにはイマイチ使い勝手が悪かったり、簡単に壊れてしまったりと、低価格ゆえの問題もしばしば指摘されている。そこで今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」ではジャンルを日用品に絞り、“買ってはいけない”アイテムを5つセレクト。もちろん、業績不振の原因がそこにあると主張するつもりはないし、あくまで独断で選定したものだということだけは頭に入れておいていただきたい。

【この春、買ってはいけないIKEAの日用品5選】

●KNALLA(傘)/599円~(税込、以下同)

 まず紹介したいのが、IKEAで売られている「KNALLA(クナラ)」シリーズの「傘」だ。通常タイプが599円、折り畳み式が999円と、コンビニ傘とさほど変わらない値段で購入できるのだが、あまりおすすめはできない。

 というのも、実際に手に持ってみればわかるのだが、非常に安っぽい印象を受ける。黒1色のもの、白と黒の網目模様になったものと2種類のデザインがあり、コンビニ傘よりデザイン性が高いとはいえ、すぐに壊れてしまうのではないかと心配になる人が少なくなさそうだ。「買うべき・買ってはいけない調査班」の周りでも、「2本購入したのに、すぐに同じ箇所が壊れてしまった」という感想を耳にした。

 雨の日はIKEA店頭で傘が半額セールになるという話もあるので、急な雨の際に間に合わせで買う分にはいいかもしれないが、少しでも長持ちする傘が欲しい人は、購入を控えたほうが無難だろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング