“頭脳派芸人”山里亮太、結婚会見に号泣する女性ファンを獲得し、今後はCM仕事も激増か

Business Journal / 2019年6月19日 21時0分

写真

「フェイクニュースだろ?」と、こんなにも誰もが疑ったニュースは昨今なかなかなかったのではないだろうか。6月5日、お笑い芸人の山ちゃんこと山里亮太(南海キャンディーズ)と女優の蒼井優の結婚報道が日本全土を駆け巡り、誰もがそのニュースをすんなりとは飲み込めず、「大がかりなドッキリ企画?」と疑ってしまう事態に。

 それもそのはず。山里は自他ともに認める“非モテ芸人”であり、正統派美人女優の蒼井との突然の結婚報道など、あまりにも信ぴょう性が低かったからだ。しかし、山里に近いある現役放送作家によると、「山ちゃんの非モテキャラは、いわば“ビジネスキャラ”として作り上げたもの」と断言する。

「テレビとラジオで16本ものレギュラーを抱え、ゲストに呼ばれても必ず結果を出すことで知られている山ちゃん。今もバラエティのキャスティング会議では必ず名前が挙がるひとりですが、まず現時点で高収入であることは間違いない。それに加えて身長は178cmと高身長で、学歴も関西大学法学部出身と関西圏ではなかなかのもの。つまり、実は“三高”物件で結婚相手としてまったく申し分ないわけです。しかし、山ちゃんはそれでは芸人としては売れないと思い、それをひた隠しにしてきました。

実際、ラジオ『JUNK 山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)のリスナーたちは、彼の“非モテキャラ”を信じていたからこそ山ちゃんを応援していたわけですし、だからこそ山ちゃんは、会見翌日のこの番組で結婚について語った際、思わず号泣してしまったわけです。ずっとビジネスブスを演じてきた自分が、トップ女優と幸せになる……。本人は申し訳ない気持ちでいっぱいだったんでしょうね」

●“芸人年表”の通りに出世

 計算高い頭脳派芸人としても知られる山里は、今回の結婚報道が世間にどう受け入れられるか、相当不安だったという。

「本当は、『山里亮太の不毛な議論』で最初に伝えたかったそうなんですが、スポーツ紙に抜かれてしまい、あの記者会見の前に、当日朝の『スッキリ』(日本テレビ系)の“天の声”として、世間への事実上の初報告をする形になってしまったんです。山ちゃんはもともと本当に計算高いというか、緻密な計算と、それを実行に移すしたたかな行動力で芸能界を生き抜いてきた芸人。彼と親しい関係者に聞いたことがあるのですが、山ちゃんはデビュー当時、自分の“芸人年表”をつくっていたそうなんです。すごいのは、現在の山ちゃんの活躍が、ほぼその年表の通りだっていうこと。つまり、何者でもなかったデビュー当時から今の活躍が見えていたわけで……こんな末恐ろしい芸人はなかなかいないと思いますよ。ただ、トップ女優と結婚するとは、さすがに計算外だったと思いますが(笑)」(前出の放送作家)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング