フジ『若者たち』、なぜベタでクサい?セクハラ満載、デリカシーのなさと思慮欠如

Business Journal / 2014年7月17日 19時0分

写真

>『若者たち 2014』公式サイト(「フジテレビ HP」より) 主要なテレビ番組はほぼすべて視聴し、「週刊新潮」などに連載を持つライター・イラストレーターの吉田潮氏が、忙しいビジネスパーソンのために、観るべきテレビ番組やテレビの“楽しみ方”をお伝えします。

 意図せずして、タイムリーだなと思った連続テレビドラマがある。『若者たち 2014』(フジテレビ系)だ。何がタイムリーって、妻夫木聡が演じる佐藤旭の「セクハラ具合」や「パワハラっぷり」である。稚拙な野次を飛ばした自民党大物議員や、意味不明の記者会見で号泣する地方議員がこの1カ月で話題になっていたので、意図せずして、タイムリーというワケだ。

 妻夫木が演じるのは5人兄弟の長男。両親を失ってからというもの、弟妹を守るために中卒で身を粉にして働いてきた苦労人である。家族構成を解説しておくと、ムショ帰りのDV系次男に瑛太、恩人である医師(吉岡秀隆)との不倫にハマる看護師の長女・満島ひかり、演劇かぶれの留年大学生の三男に柄本佑、予備校生でいかにも気の弱そうな四男に野村周平。今の時代、描くのが困難であろう「平成版・大家族モノ」である。

 妻夫木の言動には目を見張るものがある。別の意味で。長男であり、家族の大黒柱としての自負(実際には満島のほうが経済的な柱なのだが)、弟や妹を支配下に置きたがる前近代的な思考(パワハラ)、豪放磊落を装うもただただ理不尽に説教をたれまくる性質、付き合っている弁当屋の彼女(蒼井優)がキャバ嬢と知った瞬間に漏れ出てくるセクハラ呪詛。これ、政治家のオッサン、特に自民党系列の中に根付く「思慮欠如」と同じだわ、と。

 説教を滔々と垂れる割に非論理的。「できちゃった婚」を否定しておきながら、自分は妊娠を打ち明けた蒼井に対して「本当に俺の子か?」と問いただすKYっぷり。説教臭さをさらに増幅させる歌『若者たち』を繰り返し口ずさむ。深く考えることなく、直情的に動いて、妹を結果的に追い詰める無神経ぶり。「昔気質の頑固親父」ってヤツね。妻夫木が空回りすればするほど、弟や妹は成長していく。冷静さを身につけていく。つまり、妻夫木の存在は必要悪なのだ。

 これがどうしてもすんなりと受け止められない。悪い人間でないことはわかるが、29歳でイマドキのモラルとデリカシーに欠けた姿はどうも説得力がない。

●飲み込めないほどクサイ演出

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング