フジテレビのアイドルフェス、危険行為続出の観客に、あの名物Pが公演遮り大激怒?

Business Journal / 2014年8月25日 1時0分

写真

 去る8月2日(土)、3日(日)の2日間、東京・台場のフジテレビ本社周辺で「TOKYO IDOL FESTIVAL 2014」(以下、TIF)が開催された。

 TIFは2010年から毎年夏に開催されている女性アイドルが一堂に会する音楽フェスで、今年は138組957人ものアイドルが出演。来場者は過去最大の延べ4万人以上を集め大きな盛り上がりを見せた。

 フジテレビ湾岸スタジオ前の芝生広場など8つ以上もの会場でライブやイベントが同時進行しているため、すべてを見届けることは不可能だが、それでも去年までとは明確に違う点が見受けられたという。10年の第1回開催から欠かさず来場しているというアイドルファンは語る。

「今年からTIFの総合プロデューサーがフジのAさんに代わり、不安もありましたが、基本的にはこれまでのシステムを継承しつつ、アイドリング!!!の出演もたくさんあって大満足。AKB48グループとハロー!プロジェクトという二大アイドル勢力からも、HKT48とスマイレージが出演し、Aさんの面目も保てたことでしょう」

 A氏といえば、フジのテレビ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』内で組まれた音楽ユニット・野猿の初期メンバーでもある有名人だ。近年では『クイズ!ヘキサゴン』シリーズのプロデューサーとして知られ、13年からはフジが仕掛けるアイドルグループ・アイドリング!!!とその冠番組のプロデューサーを務めている。『ヘキサゴン』では司会の島田紳助とともに羞恥心、Paboといった番組内ユニットを続々輩出させ、代々木第一体育館などでのコンサートも実施。つまり、A氏は大規模な音楽イベント運営のプロでもあるのだ。

 そんなやり手のA氏が、TIF初日の2日午前中、来場者に激怒する事件が勃発した。

 現場にいた目撃者やツイッターなどの情報を整理すると、等身大のガンダムが目印となっているダイバーシティ東京プラザの屋外に設置されたステージで、NEOfromアイドリング!!!がライブしている曲と曲の間に、A氏がステージに登場。動揺するNEOメンバーからマイクを奪い、「ジャンプは禁止です」「後ろのお客さんに迷惑です」「中止になったらあなたたちの責任です」などと、推してるメンバーに向けて連続ジャンプする“推しジャン”を行う数人に強い口調で警告したというのだ。真っ黒なスタッフTシャツを着た男性が、いきなりステージに立ち怒鳴るという光景は、誰もが観覧できるフリースペースだけに不審者乱入かと思った人もいたようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング