ホットペッパービューティー、業界トップへ急成長の秘訣はリクルートの人間力?

Business Journal / 2014年10月30日 6時0分

写真

 10月16日、リクルート上場のニュースが世間を賑わせた。東京証券取引所第1部に上場したリクルートホールディングスの初値で計算した時価総額は約1兆8200億円となり、東芝の時価総額と肩を並べる大型上場となった。消費税増税後、景気停滞ぎみであった日本経済において久々に大きな話題となった。

 そのリクルートの中でも、特に勢いよく伸びている事業部門がある。それは、ヘアサロンをはじめ、ネイル、リラクシゼーション、エステなどの各種サロンを予約するサイトで、2007年4月に誕生し、今年10月現在で4万3077店が登録するまでに急成長した「ホットペッパービューティー」(以下、ビューティー)だ。

 ヘアサロンに通う場合に、近所の店舗に電話予約をしてから訪れるという従来のスタイルから、スマートフォン(スマホ)で自分の好みに合った店舗を探して、ウェブ上で予約まで完結させるスタイルへと変化している潮流には、ビューティーが大きな役割を果たしているだろう。

 今や2秒に1回予約が入るまでに成長したビューティーは、7月にまったく新しい顧客サービスを開始した。それが「ホットペッパービューティーアカデミー(以下、アカデミー)」である。

 アカデミーは、ビューティーを利用している店舗経営者向けの、いわば学校である。美容室は全国で22万店あり、信号機よりも多いとまでいわれる。人は必ず髪を切る必要があり、なくてはならない必需産業である。美容室の8割は個人経営であり、そのほとんどは美容師が経営者も兼ねているため、技術はあるが経営の知識が乏しく、体系的に経営を学べる場を求めている経営者が多いという。

●サロン経営者の悩みに答えるアカデミーの開催

 アカデミー長である千葉智之氏によれば、サロン経営者の悩みは大きく分けて3つあるという。

「一つ目は集客です。限られたパイの中で美容室は増え続けており、過当競争となっています。従来のように容易に新規集客ができて経営が成り立っていた時代は終わり、新規集客に加えてリピート顧客の安定化にも力を入れることが重要となっています。

 次は採用です。美容室は増えてきていますが、美容師の数は減少傾向にあります。つまり美容師の争奪戦が起こっているのです。優秀な美容師を獲得できるかどうかが店舗の売り上げに直結するため、どの経営者も必死です。

 3つ目が育成です。せっかく美容師を採用できたとしても、上手に育てることができなければ意味がありません。また、優秀に育った美容師が突然辞めるようなことがあると、経営的にも大打撃です。人を育て、そして長く勤めてもらえるようにするにはどうすればよいか、これは経営者の長年の悩みなのです」(千葉氏)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング