入社式には何を着るべき?新卒の入社式でふさわしいスーツとは

キャリマガ / 2019年7月9日 11時0分

写真

厳しい就職活動を乗り越え、社会人としてスタートする入社式。気持ちも新たに臨みたいところですが、入社式には何を着ればいいのでしょうか?今回は、新卒の入社式にふさわしいスーツについて、男女別にご紹介します。

入社式はどのような格好で参加するべき?

新卒の入社式は社会人としての常識があるかどうかを判断される場ですが、どのような格好で参加すればいいのでしょうか。

入社式にふさわしい服装とは?

入社式は社会人としてスタートするフォーマルな式典ですから、新社会人らしくフレッシュな服装が適しています。特に指定がなければ、スーツを着用しましょう。入社後にスーツを着る機会があまりない場合は、新調せずにリクルートスーツを着用しても問題ありません。ただし、サイズが合わなくなってしまった場合は、新しいスーツを買う必要があります。入社後もスーツを着用して出勤する職種であれば、入社式までにビジネススーツを数着新調しておくといいでしょう。

入社式にふさわしいスーツの色は?

男女別に詳しく後述しますが、入社式にふさわしいスーツの色味は、リクルートスーツと同じ黒、グレー、紺という定番色が無難です。あまり明るい色だと悪目立ちする可能性があるので、新調する際には注意しましょう。

大切なのは清潔感

リクルートスーツでも新調したスーツでも問題はありません。大切なのは、清潔感のある服装であること。しっかりアイロンがかかったシワのないシャツとスーツ、磨かれた靴を着用し、最低限の身だしなみを整えるようにしましょう。

▽みんな迷ってる、入社式のスーツ問題
入社式のスーツはどんなものがいいの?のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

入社式にふさわしいおすすめのスーツスタイル【男性編】

では、男性向けの入社式にふさわしいスーツスタイルをご紹介していきます。ビジネスにおいても第一印象は重要なので、しっかりポイントを押さえておきましょう。

スーツの色・柄

新社会人のスーツの色味は、黒、グレー、紺が基本です。フレッシュな印象を与える紺色が一番人気で、グレーはダーク色が好まれます。3つの色の中でおすすめなのは黒。一着持っていると着用シーンが広がり便利です。基本的にはシンプルな無地が無難ですが、目立たないシャドーストライプなら問題ありません。心配なら入社式は無地のスーツで参加し、入社後に先輩や同僚の服装をチェックしてから、ストライプ柄を取り入れてもいいでしょう。

シャツ・ネクタイ

入社する企業や業界にもよりますが、フォーマルな入社式にふさわしいシャツは白です。実際に働き出してからは先輩や同僚の雰囲気を見て、薄い水色やピンクなどのカラーシャツを着用してもいいでしょう。

ネクタイは、ダーク色のスーツと白シャツに合うシルクのものを選びましょう。無地・小紋柄・レジメンタルなどの落ち着きのある柄がおすすめ。派手な柄は避けましょう。また、色はダーク色のスーツと白シャツとの相性がいいネイビーがおすすめです。エンジ系や水色などもフレッシュマンらしい装いです。

バッグ・靴・ベルト・靴下

ベルトと靴は同色で合わせます。色が違うとちぐはぐな印象になるので注意しましょう。また、入社式のようなフォーマルな場では明るい色のベルトや靴は避け、黒あるいはダークブラウンなどの革素材のものを選ぶのが無難です。光沢のあるエナメルはおすすめできません。靴下は腰掛けたときに見えるので、黒か濃いグレーで無地のものを選びましょう。派手な色やくるぶしまでの短い靴下はおすすめできません。

入社式にふさわしいおすすめのスーツスタイル【女性編】

次に、女性向けの入社式にふさわしいスーツスタイルをご紹介します。基本的には男性と同じですが、詳しく解説していくので参考にしてみてください。

スーツの色・柄・スタイル

男性と同様に新社会人のスーツの色味は、黒、グレー、紺が基本です。女性に最も人気があるスーツの色は、落ち着きがある黒です。式典なのでベージュなどの明るい色を選ぶ人もいますが、入社式では悪目立ちする可能性があるので注意しましょう。織りやストライプが入っていても問題ありませんが、無地の方が無難です。

スカートでもパンツスタイルでも問題ありませんが、迷ったらスカートにすることをおすすめします。なぜなら、女性の正装はスカートだからです。セットアップのスカートは膝丈で、短くないものを選びましょう。スカートはフレアなどでもOKです。体のサイズに合っていないスーツは、だらしなく見えるので注意しましょう。

シャツ

スーツのインナーとなるシャツは襟つきのシャツブラウスがおすすめ。色は白や薄い水色などが適しています。フリルやレースなどがついたものや柄が入ったものは避け、シンプルなデザインのものを選びましょう。

靴・バッグ

靴はヒールの低めなプレーンなパンプスで、色はスーツに合わせましょう。スーツがダーク色なら黒が無難です。ストッキングの着用も忘れないようにしましょう。また、就活で靴が傷んでしまった場合は、新調することをおすすめします。

入社式では書類や冊子が配られるので、バッグはA4サイズの書類が入るビジネスバッグや就活用の大きめのものが必要です。バッグの色は靴に合わせた黒が無難で、装飾のないシンプルなものが適しています。

入社式に参加する直前の身だしなみチェックリスト

入社式に参加する際は清潔感が大切なため、入社式に参加する直前にしておきたい身だしなみのチェックリストをご紹介します。

身だしなみのチェックリスト

・スーツにシワやシミがないか
・爪は整えて汚れていないか
・ヒゲはきちんと剃ってあるか(男性)
・髪の毛は乱れていないか
・お化粧が濃すぎないか(女性)
・ハンカチやティッシュを持ったかなど

その他の注意点

性別を問わず、事前に清潔感のある髪型に整えておく必要があります。髪色は黒か濃いめのブラウンがおすすめ。もちろん、明るい茶髪やメッシュなどはNGです。

男性の場合はサイドの髪の毛が耳にかからない程度の短髪にして、全体的に真面目で爽やか印象を与える髪型が理想です。また、整髪料は少量にとどめ、香りの強いものは避けた方がいいでしょう。

女性の場合は、ロングヘアなら後ろでひとつにまとめたりハーフアップにしたりして、お辞儀をしても乱れない髪型がおすすめ。前髪が顔にかかる長さなら、短く切るかピンで留めるようにしましょう。

入社式のスーツは色味を抑えてきちんとした印象で

入社式は社会人としての第一歩を踏み出す式典です。社会の一員になるという意識を持ち、入社式にふさわしい装いで参加することが求められています。スーツは色味を抑え、きちんとした印象を与える清潔感のあるものを選ぶようにしましょう。

関連リンク

入社式のスーツはどんなものがいいの?のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

著者:reisuke

人材派遣会社で数年間コーディネーターとして従事し、その後海外へ。現在は、ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育を中心に幅広いジャンルで執筆中。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング