エントリーシートを無料で添削してくれるwebサービス3選!

キャリマガ / 2019年4月17日 11時0分

写真

この記事にたどり着いた就活生は、エントリーシートを書き終えたあとに自信が持てず、「添削してもらいたい」と思っているのではないでしょうか。ここでは、エントリーシートの添削を無料でしてくれるwebサービスをご紹介します。

エントリーシートweb無料添削サービスのシステムや質は?

まず、エントリーシートのweb無料添削サービスのシステムや質について解説します。

web無料添削サービスのシステム

エントリーシートのweb無料サービスには、大別すると以下の2つがあります。

・実際に人が添削するサイト
・システムが添削するサイト

実際に人が添削するサイトでは、メールや画像で送ったものが添削されて返却されます。一方、システムが添削するサイトは文字を入力するだけ。文字数や就活生が間違えやすいミスをチェックする機能が備わっています。

web無料添削サービスの質

web添削サービスには無料と有料があるため、無料サービスの質を不安視する方もいますが、心配する必要はないでしょう。無料でサービスを提供している会社にも、会員登録した就活生から登録情報を得るなど何らかのメリットがあるのです。質が悪い添削サービスで利用者が減ればサイト側のメリットも減ることになるので、高い質を保つ必要があるのです。

▽エントリーシートの添削ってみんなはどうしてる?クチコミをチェック!
エントリーシート添削のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

無料のエントリーシート添削サービス(1)ES添削カメラ

ここからは、無料でエントリーシートの添削をしてもらえるwebサービスを3つご紹介します。1つ目は自己PRの添削をしてくれる「ES添削カメラ」です。

https://doda-student.jp/app/es.html

簡単な提出とスピーディーな返却で効率的

ES添削カメラは、ベネッセ傘下の「doda新卒エージェント」が運営する添削webサービスです。Android版あるいはiOS版のスマートフォンアプリをダウンロードして、書き終えた自己PRをカメラで撮影して提出するだけ。もちろん、文章をテキスト入力することも可能です。
1つの課題で1回だけ提出でき、文字数は400字程度。365日24時間いつでも提出できます。用紙の指定もなく簡単に提出でき、提出後1週間以内にスマートフォンに添削結果が返却されます。郵送などをする必要がなく、すべてスマートフォン上で完結。効率的に就活を進めることができるでしょう。

プロが個別に添削

赤ペン先生など添削サービスに定評があるベネッセということもあり、ES添削カメラでは累計2万人の就活生を指導したプロが個別に添削・評価してくれます。人事による評価基準で添削されるうえ、強みや弱みなどを含めた具体的なアドバイスが受けられるため、エントリーシートのレベルがアップ!エントリーシート通過の可能性も高まるでしょう。

無料のエントリーシート添削サービス(2)EES添削.me

次にご紹介するのは「ES添削.me」です。

https://es.tensaku.me/

厳正な審査プロセスを経たプロが添削

ES添削.meは、就活生向けの就職支援事業を手がける企業の社員が提供する添削webサービスです。もちろん、添削する人は厳正な審査プロセスを経て選ばれたプロばかりで、添削は個別に行われます。エントリーシートの添削だけでなく、面接対策や履歴書の添削なども行っています。

添削の流れ

サイト上で企業名とエントリーシートの質問・回答を記入し、添削依頼を出します。最大3営業日以内に依頼したエントリーシートの添削結果が返却され、一度返却されたあとは添削してくれた人とチャット形式でエントリーシート作成についてやり取り。細かいカウンセリングが受けられるだけでなく、スピーディーというメリットもあります。また、アプリのダウンロードなども必要ないので、手間がかからないのも魅力です。

無料のエントリーシート添削サービス(3)E就活SWOT

3つ目にご紹介する無料添削webサービスは「就活SWOT」です。

https://swot.jp/about/count.php

システム化された添削webサービス

就活SWOTは、就活対策や企業研究などが確認できるポータルサイトが提供するシステム化された添削webサービスです。「エントリーシート自動添削機能・文字カウント機能」というシステムに、作成したエントリーシートの文章と企業名、質問を入力するだけで、自動的にシステムが添削してくれます。就活生が間違えやすいミスや誤字などが内容に含まれていれば、即座に検出。適切なアドバイスが表示されるので、アドバイスに従って修正するようにしましょう。

誰かに添削してもらう前段階として

就活SWOTはシステム化されたサービスのため気軽に添削してもらえる反面、本質的なサポートを受けることはできません。OBや先輩などに添削してもらう前段階やエントリーシートの書き始めに活用することをおすすめします。

また、エントリーシートの回答には文字制限がある場合が多いので、就活SWOTの文字カウント機能を有効に活用しましょう。

就活支援情報サイトとしても活用

就活SWOTは就活に必要な情報が集約されたサイトです。エントリーシートの添削だけでなく、面接対策や自己分析、企業選びなど、就活に関するさまざまな情報も活用して、合理的に就活を進めましょう。

エントリーシートの添削は他にも就職支援型のものもあり

最後に、エントリーシートの添削をしてくれる就職支援型のサービスをご紹介します。web上で完結はしませんが、無料で添削してくれるので参考にしてみてください。

キャリアチケット

https://careerticket.jp/lp/900aa/00/00/19/
キャリアチケットは、転職エージェント事業などを展開するレバレジーズが運営する無料の就活サポートサービスです。就活のプロが個別にあらゆる相談にのり、軌道修正してくれます。質問に回答するだけで自分の強みや弱みが明らかになるカウンセリングは自己分析に役立ち、スタッフが足を運んで得た優良企業の情報も紹介。面接対策としてマンツーマンの指導をするだけでなく、エントリーシートも添削してくれます。就活のプロ目線で添削するため、クオリティの高いエントリーシートが作成できるはずです。

ハローナビ

http://haloonavi.com/
ハローナビも就職サポートサービスです。より近い距離で企業の採用担当者に質問できる座談会形式の交流やキャリアアドバイザーによる就活相談など、あらゆる方面から就活生を支援しています。キャリアチケットと異なる点は、SkypeやLINEを利用してweb上で全国どこからでも相談できること。また、東京圏以外の就活に力を入れているので、特に地方の学生におすすめです。もちろん、無料でエントリーシートの添削もしてくれます。

エントリーシートを作ったら無料添削を利用してみよう!

社会経験がない就活生が企業の視点でエントリーシートを作成するのは困難です。第3者に添削してもらえば、自分では気がつかなかった改善点が見つかるかもしれません。エントリーシートを作成したら便利な無料添削サービスを利用して、クオリティを高めていきましょう。 

参考

ベネッセ
https://www.nikki.ne.jp/company/9783/

レバレジーズ
https://www.nikki.ne.jp/company/200806291322128743/

[1]【無料アプリ】就活のエントリーシートに悩んだら、ES添削カメラ|DODA新卒エージェント(ベネッセ i-キャリア)
[2]https://doda-student.jp/app/es.html
[3]2019.01.19

[1]ES添削や志望動機添削なら無料の添削支援サイトES添削.me
[2]https://es.tensaku.me/
[3]2019.01.19

[1]エントリーシート自動添削&文字カウント機能|就活SWOT
[2]https://swot.jp/about/count.php
[3]2019.01.19

[1]新卒就活支援。プロと一緒にすすめる就活|キャリアチケット
[2]https://careerticket.jp/lp/900aa/00/00/19/
[3]2019.01.19

[1]ハローナビ就活 「haloo NAVI 」
[2]http://haloonavi.com/
[3]2019.01.19

関連リンク

エントリーシート添削のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

著者:reisuke

人材派遣会社で数年間コーディネーターとして従事し、その後海外へ。現在は、ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育を中心に幅広いジャンルで執筆中。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング