ジョン・ファヴロー『ライオン・キング』は「別の解釈」と明かす…ビヨンセも登場プレミア

CinemaCafe.net / 2019年7月11日 13時40分

『ライオン・キング』L.A.ワールドプレミア(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

実写もアニメーションも超えた“超実写版”『ライオン・キング』のワールドプレミアが、現地時間7月9日にL.A.で開催。本作でボイスキャストを務めたドナルド・グローヴァーやビヨンセらが登場した。



本作の象徴である“プライドロック”が会場に出現し、華やかな雰囲気が漂うイベント会場。主人公のシンバを演じたグラミー賞歌手のドナルドをはじめ、セス・ローゲン(プンバァ役)、ビリー・アイクナー(ティモン役)、キウェテル・イジョフォー(スカー役)ら豪華キャスト陣が登場すると、詰め掛けたファンは大熱狂。


続いて、シンバの幼なじみナラを演じた歌姫ビヨンセは、「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」のゴージャスなドレス姿で登場すると、さらに大歓声に包まれていた。


「小さい頃からずっと知っていた映画に参加できるっていうのは本当に楽しかったよ!」と今作への参加を喜んだドナルドは、「一生に一度あるかないかというくらい、心の底から本当に大好きな映画に出られることをとても特別に思うよ」とコメント。


先日、約3年ぶりとなる来日も発表されたジョン・ファヴロー監督も登場すると、ファンとの交流を楽しみつつ、「今日やっと観客と一緒にこの作品を観ることができるんだ! 会場の盛り上がりに圧倒されているよ」と興奮。


また「『ライオン・キング』は、今でも多くの人々が見続けている作品だけど、今回の作品は、それとはまた違った別の解釈でストーリーを描いている」と言い、「これが、この素晴らしいストーリーをさらに多くの人々と分かち合うための方法だと確信しているよ」と強い自信を覗かせているようだった。


『ライオン・キング』は8月9日(金)より全国にて公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング