風間俊介の“もんじゃ&号泣”プロポーズに「可愛い」の声殺到…「監察医 朝顔」2話

CinemaCafe.net / 2019年7月15日 23時30分

「監察医 朝顔」第2話 (C) フジテレビ

上野樹里主演、時任三郎、風間俊介らの共演でおくるこの夏の月9「監察医 朝顔」の2話が7月15日に放送。今回は風間さん演じる桑原が上野さん演じる朝顔に2度にわたりプロポーズ。その姿に視聴者からの「可愛い」という声が続々と寄せられている。

上野さんが新米法医学者・万木朝顔(まき あさがお)を演じ、朝顔の父で野毛山署強行犯係に異動してきたベテラン刑事の万木平(まき たいら)に時任さん、朝顔の恋人で平とコンビを組むことになる刑事・桑原真也に風間さん。


東日本大震災で行方不明になっている朝顔の母で平の妻・里子に石田ひかり、興雲大学法医学教室の主任教授・夏目茶子には山口智子、朝顔の同僚の臨床検査技師・高橋涼介には中尾明慶、平が所属する強行犯係の係長・山倉伸彦に戸次重幸、強行犯係に勤める刑事・森本琢磨に「SixTONES」森本慎太郎、2話から登場した法医学助手のアルバイト・安岡光子に志田未来、そのほか坂ノ上茜、平岩紙、三宅弘城、板尾創路、柄本明といったキャストが出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
2話では朝顔が働く興雲大学法医学教室に、アルバイト希望の医学部生・光子がやってくる。周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に周囲はあっけにとられるが、茶子はそんな光子を気に入って即決採用する。


その頃、平と桑原は繁華街の路地裏でスーツ姿の男性の死体が発見されたという知らせを受け現場に急行。身元の手がかりになるものを一切所持してない男を司法解剖すると、なんと彼は凍死していたことが判明する。

その夜、桑原から「ちょっと話したいことがある」と連絡をもらった朝顔は2人で行きつけのもんじゃ焼き屋に。そこで桑原はいきなり指輪を差し出しプロポーズ。朝顔は「こんなB級もんじゃ焼き屋で愛の誓いすると思うかね…」と返し、将来子どもからどんなプロポーズだったか聞かれ、ムードもへったくれもないプロポーズだったと話したくないと答える。


そんな桑原のプロポーズに「風間ぽんかわいすぎ」「風間くんのプロポーズかわいい」「もんじゃ焼き屋さんで指輪出してプロポーズ、風間ってるwww」などの反応が寄せられる。

その後、男性がホームレスで自ら釣ったフグを食べて命を絶ったことが判る。事件が解決した後、桑原から法医を目指した理由を聞かれた朝顔は、「隠してたわけじゃないんだけど、お母さんのことちゃんと言わないとね」と母・里子が8年前の震災で行方不明になったことと、遺体安置所で茶子と出会ったのが法医になったきっかけだと告白。話を聞いていた桑原は号泣、感極まって「僕と結婚してください」と2度目のプロポーズ。「どうしても今言いたくなった」と朝顔を抱きしめる桑原に、朝顔も「はい」と答え今度はプロポーズを受け入れる…というのが今回のストーリー。


号泣しながらの2度目となるプロポーズには「プロポーズが2回とも可愛かった」「涙ながらにプロポーズされてえ」「風間ぽんのプロポーズを週の始めから2度も見られて幸せ」などの声が続々と投稿。

「前回に続き号泣」「朝顔ほんとに泣ける」と、前回に続き2話も多くの視聴者の涙を誘っているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング