黒木瞳の博多弁に「強い!」「美しかった」の声多数…「Iターン」第2話

CinemaCafe.net / 2019年7月20日 9時20分

「Iターン」第2話 (C) 「Iターン」製作委員会

ムロツヨシ主演で日本で最も不幸なサラリーマンの物語を描くテレビ東京系ドラマ24「Iターン」。その第2話が7月20日オンエア。岩切が飼っているチワワ“昌三”のキュートさと、スナックのママ役で登場した黒木瞳の迫力ある博多弁に大きな注目が集まっている。

左遷同然の人事で“修羅の街”阿修羅市にやってきた中堅広告代理店社員・狛江光雄をムロさんが演じ主演。阿修羅市を牛耳る二大ヤクザのうちのひとつ「岩切組」の組長・岩切猛を古田新太が演じ、岩切と犬猿の仲の「竜崎組」組長でサラ金「ドラゴンファイナンス」社長も務める竜崎剣司に田中圭。狛江が支店長を務める宣告社阿修羅支店の営業マン・柳直樹には渡辺大知、事務の吉村美月に鈴木愛理といったキャスト。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
阿修羅市にやってきた狛江は挨拶に向かった先のサラ金「ドラゴンファイナンス」で竜崎から新規案件を獲得するが、下請けのオンボロ印刷所に見下すような態度を取ったばかりにわざと誤植したチラシを納品され「竜崎組」「岩切組」双方から借金を背負わされ、岩切組の舎弟にされてしまう。

本社の上司・高峰(相島一之)から大手百貨店の広告を受注しろという命令を受けた狛江が、部長の深町(木下隆行)を訪ね接待のチャンスを得るが、連れて行かれたのは高級すし店。しかも空気を読まない柳の行動で深町は機嫌を損ねる。


さらに岩切からは組の当番を命じられ会社員とヤクザの多忙な二重生活が始まる。電話番では名乗らない相手に怒鳴られ、岩切のペットのチワワ「昌三」の散歩では、昌三が駆けだしてあわやという事態。さらに美人ママ・麗香(黒木瞳)が経営するスナックのケツ持ちをする羽目に…というのが今回のおはなし。


今回から岩切が溺愛する“昌三”が登場。「昌三さんがかわいくてたまらん…!」「昌三さんにばかり目が行ってしまう…可愛すぎるって罪」など昌三に注目する視聴者が続出。

また「バチバチ九州弁の夜の女黒木瞳さま美しかった」「肌年齢で戦う黒木瞳強い...!」など、バリバリの博多弁でインパクトある演技をみせた黒木さんにも大きな注目が集まっている模様だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング