柄本佑&瀧内公美、「anan」に登場「セックスは食べること寝ることとイーブン」

CinemaCafe.net / 2019年8月7日 11時50分

anan誌面掲載ビジュアル撮影・野村佐紀子

映画『火口のふたり』に出演する柄本佑と瀧内公美、そして原作の白石一文が、本日発売の雑誌「anan」に登場していることが分かった。



今回の「anan」は、夏の恒例企画「SEX特集」。俳優・田中圭が表紙とグラビアを飾る同号。“性”をテーマにした作品にフォーカスする「文学と性」のコーナーで、本作の特集が展開する。

「18禁だしベッドシーンが多いけれど、食べて寝る場面も多い」と語るのは、主人公・賢治を演じる柄本さん。「二人はどんどん原始的な、シンプルな状態になっていく。セックスは食べることと寝ることとイーブンになっていく」と飾ることなくシンプルに描いているとコメント。

また、賢治の昔の恋人でもう一人の主人公・直子を演じる瀧内さんは「演じてみて、本能のままに生きるって健康的だな、と思いました」と率直な感想を述べ、“身体の言い分”に身を委ねて生きる登場人物たちの姿に魅力を感じたという。

特集内は、本作で象徴的に使われる“身体の言い分”という印象的な言葉を軸に、演者・撮影者・原作者インタビューと写真家の野村佐紀子が撮影した本作のビジュアルで構成。それぞれが本作を通して考えた“性”への向き合いを赤裸々に語っている。

そして今回、特集誌面に掲載される野村氏の撮影ビジュアルが先んじて公開された。

雑誌「anan」愛とSEX特集号は8月7日(水)発売。

『火口のふたり』は8月23日より新宿武蔵野館ほかにて公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング