1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

アベンジャーズの新たな “もしも”の物語がクリスマスに登場「ホワット・イフ...?」S2、12月22日配信

cinemacafe.net / 2023年12月5日 18時0分

マーベル・スタジオ初のオリジナルアニメーションシリーズとして、“もうひとつの物語”を描く「ホワット・イフ...?」シーズン2が、12月22日(金)よりDisney+(ディズニープラス)独占で日米同時配信。アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソー、ドクター・ストレンジなどの大人気キャラクターも数多く登場する予告編が解禁されている。


2021年8月にシーズン1が配信された「ホワット・イフ...?」は、「アイアンマンや、キャプテン・アメリカをはじめとしたアベンジャーズたちに、もしも別の運命が待っていたとしたら…?」というテーマで、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で実際に起こった出来事をベースに、想像を超えた驚くべき“もうひとつの物語”を描くアニメシリーズ。


製作総指揮のケヴィン・ファイギをはじめ、「アベンジャーズ」シリーズなど数々のマーベル・スタジオ作品に携わってきた制作スタッフ陣が集結。シーズン1では、最強魔術師のドクター・ストレンジや雷のパワーを操る破天荒な神ソーの違った運命を描いた「もしも…ドクター・ストレンジが手の代わりに恋人を失ったら?」「もしも…ソーがひとりっ子だったら?」といった物語をはじめ、ゾンビ・ウィルスに感染したアベンジャーズを描いた「もしも…ゾンビが出たら?」や、アベンジャーズのメンバーが連続殺人鬼の標的となる「もしも…世界が最強のヒーローたちを失ったら?」など、MCUの魅力的なキャラクターたちの“ありえたかもしれない”様々なもしもの物語が、日本をはじめ世界中のマーベルファンの心を掴んだ。


今回解禁となった予告は、遊園地を舞台にブラックパンサーアントマン、キャプテン・マーベルらが特殊な能力を持った1人の少年をターゲットとして捉えているシーンからスタート。


そのほかにも、“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のメンバーの暗殺者ガモーラや、アイアンマンことトニー・スタークらがド迫力のカーレースに挑んでいる姿や、敵の大群に立ち向かうソー、強力な魔術を使っているワンダ、叫ぶハルク、アイアンスーツのような頑丈な武器を身に着けたアライグマのロケット、ポータルから移動してくるドクター・ストレンジ、立体地図のようなものを広げるネビュラ、さらにはアベンジャーズ史上最凶最悪の敵であったサノスと戦うキャプテン・アメリカなど、錚々たる人気キャラクターが大集結。広大なマルチバースを巡る旅の中で、お馴染みのキャラクターはどんな物語を生み出すのか――。


そして前シーズンに続き、物語の案内人として登場する様々なマーベルのユニバースを観察する存在ウォッチャー「続編は趣味じゃない。通常はね。だが、こじれてしまった。マルチバースで…」とMCUに一石を投じるような意味深なメッセージを放つ。マーベル・スタジオ作品の名場面に疑問を投げかけたり、再訪したり、ひねりを加えたりと、あの時“起こりえたかもしれない”、MCUの映画スタッフが制作に関わり創り上げた映画の設定をベースにした「もしも…?」の物語がクリスマスを彩る。


「ホワット・イフ...?」シーズン2は12月22日(金)より毎日1話ずつディズニープラスにて配信開始(全9話)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください