8月8日は『オーシャンズ8』の日!アン・ハサウェイが祝福コメント

シネマトゥデイ 映画情報 / 2018年8月7日 12時0分

オーシャンズ8の日制定にアン・ハサウェイも感激! (C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 映画『オーシャンズ8』(8月10日全国公開)にちなんで、8月8日が“オーシャンズ8の日”として、一般社団法人 日本記念日協会から正式認定された。これを記念して、本作でハリウッドの大女優ダフネ・クルーガーを演じたアン・ハサウェイが、祝福コメントを寄せている。

 犯罪プロフェッショナル集団の活躍を描く人気シリーズ第4弾の本作は、オーシャンズのメンバー全員が女性に。ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)の妹デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)率いる新生オーシャンズが、ニューヨークで開催される世界最大のファッションショーへと潜入するさまが描かれる。

 アンは、“オーシャンズ8の日”制定について「オーマイゴッド! 素敵なアイデアね! 日本の女性がこの日は思いっきりリラックスして、幸せな気分になれるドレスに身を包んで、幸せを分かち合える大好きな女友達と、一緒に美味しいワインを飲むような日になって欲しいわ」と大感激。漢数字の“八”が、日本では末広がりで縁起の良いこと知った彼女は「それじゃ『オーシャンズ9』は作らない方がいいのかしら……それは冗談(笑)」とユーモアを交えてコメント。

 彼女が演じたダフネは、高価な宝石が散りばめられたネックレスを着用しており、オーシャンズはそのネックレスを強奪しようと企む。アンはオーシャンズの標的となるキャラクターについて、破天荒で仰々しくナルシストな女優と表現。役柄も女優という設定であることから「私とは違うキャラクターだと思いたいわね(笑)」と自嘲気味に語っている。

 『オーシャンズ11』の大ファンでもあるアンは、特にオーシャンズがカジノを爆発するシーンがお気に入りだという。本作へのオファーを受けたことについて「長く女優の仕事をしてきたけど、こんな素敵な機会はこれまでなかったわ」と嬉しさをあらわにしている。(編集部・倉本拓弥)

シネマトゥデイ 映画情報

トピックスRSS

ランキング