ピエール瀧出演『麻雀放浪記2020』ノーカットで公開決定 館数も変わらず

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年3月20日 11時23分

神妙な面持ちで語った『麻雀放浪記2020』の白石和彌監督

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧が麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたことを受け、20日、出演する映画『麻雀放浪記2020』の公開に関する会見が配給元の東映本社にて行われ、多田憲之(東映株式会社代表取締役社長)、白石和彌監督が出席。協議の結果、予定通り4月5日にノーカットで公開されることが報告された。公開館数は当初から51館。現時点で事件による変動はない。

 多田社長は「中止または延期、編集した上での公開、ノーカットでの公開など議論が重ねられましたが結論に至らず、配給担当である弊社の判断で、4月5日にノーカットのままで公開することに致しました」と報告。理由として「あってはならない罪を犯した一人の出演者のために、作品を待ちわびているお客様に、すでに完成した作品を公開しないという選択肢はとらないという結論に至った」と説明。その上で「劇場公開時にポスター、上映前にテロップで、逮捕されたピエール瀧容疑者が出演していることを明示いたします」と伝えた。瀧の出演に不快感を覚える観客のために、前売り券の払い戻しも受け付けるという。

 白石監督は「編集や再撮影の覚悟もしたけど、東映さんから(気持ちを)聞かれて、何とか編集しない形、作った一番ベストの形で公開したいと話しました」と明かし、「ホッとしている」と素直な思いを吐露した。また、瀧については5作品を共にしており、「監督として引き上げてくれた一人だと思っているし、男っぷりの良さやいろんなところに男惚れしていた」と打ち明け、「『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』で薬物を描いている中、こういうことが起こったのは残念です。今はバカヤローとしか言いようがない。罪を反省して、治療して、人として歩いてほしい」と神妙な面持ちで語った。

 出演者の中から逮捕者が出た場合の作品に対する対応について、多田社長は「公開中止、延期、編集し直しなどは(各)映画会社のご判断ですが、東映として、個人としても、ちょっと行き過ぎという印象は持っていました。みんなで総力をあげて作ったものをボツにしていいのかと疑問を持っておりました」と見解を示した。

 白石監督も「作品に罪はないという姿勢」と明言すると、「議論なく、一様に社会の流れの中で決まったかのように蓋をしてしまうのは良くない。上映できないのが特例であってほしい」と作り手としての思いを訴えた。さらに「逮捕前の過去作まで、(出荷停止・回収、配信停止などで)選択の余地がないようにするのはどうなんだろう。観るか観ないかはユーザーに委ねるべき」とし、「文化の損失になると思うので、ガイドラインを作るべき」と提案する場面もあった。

 『麻雀放浪記2020』は、阿佐田哲也の小説を基に、1945年から東京五輪が中止となった2020年にやってきたギャンブラーの坊や哲(斎藤工)が、高齢化と少子化による人口減少、共謀罪による言論統制などさまざまな問題を抱える時代に、麻雀で死闘を繰り広げる姿を描いた衝撃作。瀧は、坊や哲の運命を揺り動かす元五輪組織委員会会長・杜役で出演している。(取材:錦怜那)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング