堀未央奈『ホットギミック』特報映像!号泣シーンも

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年3月21日 8時0分

「3つの初恋。1つの答え。」 (C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

 乃木坂46の堀未央奈が映画初出演にして初主演を務める映画の正式タイトルがサブタイトルのついた『ホットギミック ガールミーツボーイ』(6月28日公開)に決定し、特報映像とポスタービジュアルが公開された。

 本作は相原実貴の累計販売部数450万部超えの人気恋愛コミックを『溺れるナイフ』『21世紀の女の子』の山戸結希監督が実写映画化した作品。どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)が、昔から憧れの存在だった小田切梓(おだぎりあずさ)、口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる橘亮輝(たちばなりょうき)、幼い頃からいつも自分を守ってくれているが秘密を抱えていた兄・凌(しのぐ)の3人の男性との恋に揺れ動く。

 この度公開された特報映像では、知らぬ間に大人になっていく自分に戸惑いながら、焦燥感を抱いている10代のリアルな心情を表現している。物語の中心を担う4人の力強いセリフとともに、写真、号泣している初(堀)の姿、俯瞰で撮影された風景や人物などが次々に映し出される。

 山戸監督はサブタイトルとして「ガールミーツボーイ」をタイトルに加えたことについて「恋愛物語における永らくの代名詞であった『ボーイミーツガール』を反転する、『ガールミーツボーイ』としての芸術を、描いてみようと決めていました」とコメント。「自分自身の主体性を奪われる恋ではなくて、自分自身の主体性を知るための恋が、もしもこの世にあるのなら、そのようなものをこそ、今新しく生まれる青春映画に映し出してみたいという念願がありました。孤独な少女の漂流譚を、ぜひ、お楽しみにされてください」とメッセージを送っている。

 堀が初、清水尋也が亮輝、板垣瑞生が梓、間宮祥太朗が凌を演じる本作には、桜田ひより、上村海成、吉川愛、志磨遼平、黒沢あすか、高橋和也、反町隆史、吉岡里帆も出演している。(編集部・海江田宗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング