まだ間に合う!GW後半も楽しめる映画イベント

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年5月1日 15時5分

「逗子海岸映画祭」メインビジュアル

 ゴールデンウィークもまもなく折り返し。これからでも楽しめる映画関連のイベントを紹介する。(編集部・大内啓輔)

逗子海岸映画祭

期間中の来場者が1万5,000人を超える、今年で10周年を迎える人気イベント。逗子海岸の砂浜に設営された屋外のスクリーンで映画を楽しむことができる。日替りでの飲食物の販売や、DJプレイやワークショップなど映画上映以外にもさまざまなイベントを開催。今後の上映作品は『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』『父を探して』『チャップリンの独裁者』『黒猫・白猫』など。

◇ 逗子海岸映画祭2019
日程:開催中~5月6日(月・祝)
会場:神奈川県 逗子海岸 Zushi Beach
入場料:一般 1,500円 高校生 1,000円 中学生以下無料(逗子市民は500円)

SEASIDE CINEMA 2019

みなとみらいの夜景を臨む開放的な空間のなかで、無料で映画鑑賞が楽しめる野外シアターの祭典。横浜赤レンガ倉庫では、細田守監督の『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』、MARINE & WALK YOKOHAMAでは『君の名前で僕を呼んで』『ムーンライズ・キングダム』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』『シング・ストリート 未来へのうた』『ベイビー・ドライバー』を上映。

◇ SEASIDE CINEMA 2019
日程:開催中~5月5日(日・祝)
会場:赤レンガパーク、MARINE & WALK YOKOHAMA 海側隣接遊歩道
入場料:無料

PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス

2015年にボストンサイエンスミュージアムで初開催され、アメリカやカナダで150万人以上(合計8箇所)を動員した展覧会が日本上陸。実際のアニメーション制作のカギとなる8つの工程を通してPIXARアニメーションのひみつを科学的に学べるハンズオン展示。アニメーションの専門的な知識や技術をPIXARアニメの人気キャラクターを通して体験することができる。

◇ PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス
日程:開催中~9月16日(月・祝)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
入場料:一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円

鈴木敏夫とジブリ展

スタジオジブリとして約3年ぶりの東京会場での開催となる同展。敏腕プロデューサー・鈴木敏夫の“言葉”に注目し、彼の「原点」から「今」を自身の書画やジブリ作品の資料で紹介し、スタジオジブリの秘密に迫る。東京会場でお披露目となる新展示「湯婆婆と銭婆の“開運・恋愛”おみくじ」や映画『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」の巨大立体模型などが登場。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング