松坂桃李、時代劇を盛り上げたい!監督の絶賛に感無量

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年5月17日 21時3分

松坂桃李

 松坂桃李が17日、丸の内ピカデリーで行われた主演映画『居眠り磐音』の初日舞台あいさつに出席し、「もっと時代劇を盛り上げたい」と決意を語った。

 佐伯泰英の同名人気小説をもとに、優しく穏やかだが実は剣の達人である主人公・磐音(松坂)が悪に立ち向かうさまを描く本作。この日は松坂のほか、共演者の木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、石丸謙二郎、谷原章介、本木克英監督が登壇し、鏡開きで公開初日を祝った。

 松坂は「無事に初日を迎えられて、みなさんと同じ時間を過ごすことができることを本当に幸せに思います」と晴れやかな表情。続けて本木監督も「ちょうど1年前に京都で撮影を行ってから、お約束したとおり、みなさまにお届けすることができて嬉しく思います」と語り、会場全体が喜びムードに包まれた。

 正統派の時代劇として、京都で撮影されたという本作について松坂は「本当に頼りになるスタッフでした」と振り返る。木村も「京都のスタッフのみなさんは本当に温かくて、ものづくりをしっかりとやっている感じがあって、これほど整った環境で芝居ができることはないなと思いました」と感銘を受けた様子。

 本木監督は「京都には、厳しい環境のなかで頑張っている活動屋と呼ばれているスタッフがいます。時代劇では主役が映画を引っ張っていけるかどうかが大事なのですが、活動屋が『(時代劇の主役を)一人発見した』と言っていました。松坂さんは多彩な作品に出られて、お忙しいと思いますが、時代劇も定期的にやっていただきたいと思います」と称賛。松坂は「そういう言葉を聞くと、もっと時代劇を盛り上げたいなという気持ちに駆られます」と感無量な表情で語った。

 さらに“「令和」初の新時代劇・新英雄(ニューヒーロー)誕生!”を謳う本作にちなんで「自分にとってのヒーローは?」という質問も。木村は「松坂さんですね。宣伝でバラエティーに出させていただくときに、慣れないことをしないといけないので、てんやわんやで何を言ったらいいかわからなくなるのですが、いつも穏やかにいてくれるので、私は隣でニコニコしているだけでいいんです。こんなヒーローは他にいないなと思っています」と笑みを浮かべる。

 杉野も木村に同意しながら「デビューから近くで見てくれていて、優しいです。拙い僕をフォローしてくれて、ヒーローだなと思います」とニッコリ。松坂は「いずれ杉野も後輩ができたら、そういうふうになると思うよ」と優しく声を掛けていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『居眠り磐音』は全国公開中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング