長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』が初登場1位!【映画週末興行成績】

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年5月20日 14時35分

もうだまされた? (C) 2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

 土日2日間(5月18日~5月19日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、長澤まさみが主演を務めた映画『コンフィデンスマンJP』が初登場1位を獲得した。

 同作は人気脚本家の古沢良太が手がけた2018年放送のドラマの劇場版。脚本は引き続き古沢が担当しており、天才詐欺師のダー子(長澤)、お人好しの詐欺師・ボクちゃん(東出昌大)、ベテラン詐欺師のリチャード(小日向文世)らが、香港の裏社会を牛耳る女帝ラン・リウ(竹内結子)を相手に大仕事に挑む姿を描いている。17日に封切られると、予測不能のストーリー展開に対する反響がTwitterなどのSNSに多数寄せられていた。

 先週1位の『名探偵ピカチュウ』は2位となり、先週4位だった山崎賢人主演の『キングダム』は公開5週目にして『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』『アベンジャーズ/エンドゲーム』を抜いて3位にランクアップ。『紺青の拳』は4位、『エンドゲーム』は5位だった。

 新作では高里椎奈のミステリー小説シリーズを King & Prince の永瀬廉主演で実写化した『うちの執事が言うことには』が6位。佐伯泰英の小説シリーズが基となり、松坂桃李が時代劇初主演を果たした『居眠り磐音』が7位。キアヌ・リーヴスが製作と主演を務めたSFアクション『レプリカズ』が10位にランクインしている。

 今週は『小さな恋のうた』『空母いぶき』『貞子』『プロメア』『ベン・イズ・バック』『パリの家族たち』などが公開される。(ランキング・数字などは興行通信社調べ)(編集部・海江田宗)

【2019年5月18日~5月19日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(初)『コンフィデンスマンJP』:1週目
2(1)『名探偵ピカチュウ』:3週目
3(4)『キングダム』:5週目
4(3)『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』:6週目
5(2)『アベンジャーズ/エンドゲーム』:4週目
6(初)『うちの執事が言うことには』:1週目
7(初)『居眠り磐音』:1週目
8(5)『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』:5週目
9(6)『映画 賭ケグルイ』:3週目
10(初)『レプリカズ』:1週目

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング