高杉真宙&佐野岳、爽やかオフショット!『少年探偵団NEO』10月25日公開へ

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年6月6日 17時0分

爽やか~ (C) 2019 PROJECT SBD-NEO

 「仮面ライダー鎧武/ガイム」の高杉真宙と佐野岳が親友役で共演する映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』から、キャスト陣のオフショットが公開された。あわせて、本作の公開日が10月25日に決定したことも発表された。

 原案は、江戸川乱歩のベストセラー「少年探偵団」シリーズ。少年探偵団初代団長である小林少年のひ孫・芳狼(高杉)が、次々と起こる学園の怪事件に巻き込まれていく姿を描き出す。

 脇を固めるキャストには、親友・ワタリ役の佐野をはじめ、明智小五郎のひ孫・小夜役の堀田真由、ミステリー同好会の部長・クロサキ役の長村航希、同じくミステリー同好会に所属する夢野正太郎役の板垣瑞生、塚原舜役の前田旺志郎といった注目の若手が集結。公開されたオフショットは制服姿の彼らを捉えたもので、爽やかな笑顔が印象的な一枚となっている。(編集部・吉田唯)

<キャストコメント全文>

■高杉真宙
『超・少年探偵団NEO −Beginning−』公開決定うれしいです。撮影から時間が経っていますがいよいよ公開決定で、やっとという感じがします。 先日、初号を観させていただきましたが、芳狼という青年は過去に複雑な気持ちを持っている役だったので、監督とよく話し合いながら挑みました。
小さな頃に読んでいた少年探偵団をこうやって演じられるのが嬉しく慎重に進めていったのを覚えています。

■佐野岳
当初は、あの江戸川乱歩の人気シリーズが『超』や『NEO』という文字と共に新しく生まれ変わるという事でプレッシャーを感じましたが、現場では監督の話を伺ったり、キャストやスタッフとのコミュニケーションを経て、リスペクトを込めて全く新しい少年探偵団をつくれたらと思い臨みました。撮影から約2年がたち、ようやくみなさんに観ていただける事をとても嬉しく思います。そして、高杉真宙くんとの久々の共演という事で、お互いの成長も観ていただけたらと思います。この作品は、笑いあり、友情あり、アクションあり、勿論ミステリーありと、老若男女、幅広い方々に楽しんでいただける作品になっていると思います。物語が進むうちに、小林芳狼の瞳に変化があるのですが、ワタリなりにも芳狼の変化に伴って芳狼を見守る瞳が変化する様に心がけて演じました。個性豊かなメンバーが絡み合って、不器用ながら一歩ずつ進んでいく超・少年探偵団NEOのみんなを観ると前向きになれる気がしました。是非大切な人と劇場で観ていただきたいです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング