2019年下半期、注目のアニメ映画はこれだ!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年7月7日 5時18分

『天気の子』は7月19日公開 (C)2019「天気の子」製作委員会

 2019年の上半期は人気シリーズの『映画ドラえもん のび太の月面探査記』と『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』がそれぞれ大ヒットを記録、渡辺歩監督の『海獣の子供』、今石洋之監督の『プロメア』などが話題となったアニメ映画。下半期も続々と注目作、話題作が公開される予定だ。

 夏休みシーズンは特に話題作が集中している。まずは7月12日公開の『トイ・ストーリー4』。これまでに全世界で20億ドル近くを稼いだメガヒットシリーズの9年ぶりの続編となる。元の持ち主のアンディから幼稚園児の少女ボニーの手に渡ったおもちゃたち、ウッディ、バズ・ライトイヤーなどお馴染みのキャラクターが大活躍。『トイ・ストーリー3』でシリーズが完結したと思っていた観客をも驚かせるような感動的なストーリーが描かれる。

 7月19日には、日本映画歴代2位の興行収入250億円を記録した『君の名は。』の新海誠監督による最新作『天気の子』が封切られる。公開まで試写会を一切行わないという異例のプロモーションが取られているが、天候の調和が狂っていく時代の東京を舞台にボーイ・ミーツ・ガールを基調としたファンタジックな物語が展開するようだ。企画・プロデュースの川村元気、音楽のRADWIMPSという前作の座組もそのまま。再び社会現象を巻き起こすようなヒットとなるか。

 8月2日に公開されるのは、山崎貴が総監督と脚本を務める『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。国民的大ヒットゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズとしては初の3DCGアニメ映画で、1992年発売の「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」をベースにしたストーリーとなる。『STAND BY ME ドラえもん』で同じく国民的キャラクターを3DCGアニメ化して大ヒットに導いた山崎貴だけに期待大だ。

 さらに翌週の8月9日には、国民的コミックの劇場アニメ最新作『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』が控える。原作者の尾田栄一郎が監修として参加、原作キャラクターの衣装やオリジナルキャラクターのデザインを担当。尾田が全面参加したシリーズ第10作『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』より画作りもストーリーもパワーアップし、「海賊万博」に集結した海賊たちによるお宝争奪戦を描くとあって今回もド派手な作品になると予想される。監督は「スマイルプリキュア!」でシリーズディレクターを務めた大塚隆史。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング