『映画スター☆トゥインクルプリキュア』知念里奈が主題歌&ゲスト声優で初参加!本予告も公開

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年7月9日 7時0分

知念里奈がおっちょこちょいな星空刑事のメリー・アンに! (C) 2019 映画スター☆トゥインクルプリキュア製作委員会

 アニメ「スター☆トゥインクルプリキュア」の劇場版となる『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』(10月19日公開)で、女優・歌手の知念里奈が主題歌とゲスト声優を担当することが明らかになった。知念は『映画プリキュア』への参加は初となる。あわせて楽曲を収めた本予告映像が公開された。

 星座がモチーフとなっている「スター☆トゥインクルプリキュア」は、プリキュアが宇宙を舞台に活躍する「プリキュア」シリーズ最新作。劇場版では、プリキュアたちと不思議な生物・UMA(ユーマ)の出会いの物語が描かれる。『映画プリキュア』初参加となる知念は、主題歌「Twinkle Stars」を歌うとともに、オリジナルキャラクターで、少しおっちょこちょいな星空刑事のメリー・アンに声を吹き込む。

 2児の母である知念は、今回のオファーを受けて「中学生の息子が小さい頃にプリキュアは観ていましたし、下の子は1歳で『スター☆トゥインクルプリキュア』の可愛らしい声に反応するんです。分からなくても引き込まれる魅力がプリキュアにはあるんだなと思います。だから大きくなったときに『お母さんプリキュアに出たんだよ』と言えるのが今から楽しみです」と喜びのコメントを寄せている。

 主題歌「Twinkle Stars」の作詞・作曲は、劇場版プリキュアの数々の音楽を手掛けてきた大森祥子(作詞)と高木洋(作曲・編曲)が担当。知念は「映画のテーマでもある『絆』をキーワードに大事なメッセージがたくさん詰まっていて、大人の私でも心に刺さってとても感激しました。私が歌わせていただく主題歌は映画の中で生まれる〈うた〉で、とても大事な意味を持っています。特別な歌を自分がどんな形で表現できるのかとてもワクワクしています」と語る。

 その主題歌が使用された本予告は、キュアスターとキュアミルキーがグミケースから飛び出した不思議な生き物・ユーマと出会う場面からスタート。新たな出会いに目を輝かせる2人は、言葉が通じないユーマに始めは戸惑いながらも、地球を大冒険するなかで〈うた〉による交流を通して絆を深めていく。美しく広がる星空の下での歌唱シーンや冒険の様子が壮大なスケールで描かれる一方、ユーマを狙う謎の宇宙人ハンターが現れる、ハラハラの展開なども切り取られている。

 本作を手掛けるのは、『映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』(2016)の田中裕太監督と田中仁(脚本)のコンビ。声優キャストとして、成瀬瑛美、小原好美、安野希世乃、小松未可子、上坂すみれらが出演する。(編集部・大内啓輔)

『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』は10月19日公開

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング