ジブリ鈴木Pに聞く名アニメーターの条件 腕っこきが集まった「ショートショート」発売

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年7月17日 18時0分

ジブリの短編について語った鈴木敏夫プロデューサー

 スタジオジブリの手掛けたCMやPVを収録した短編集「ジブリがいっぱい SPECIAL ショートショート 1992-2016」のブルーレイ/DVD発売に先駆け、鈴木敏夫プロデューサーが、ジブリにとっての短編や、ジブリを支えるアニメーターについて語った。

 名作アニメの数々で知られるジブリには、短編制作の依頼も数多く舞い込む。作品集には、1992年から2016年にかけて、宮崎駿をはじめ、近藤喜文、百瀬義行、田辺修、稲村武志、橋本晋治、大塚伸治、近藤勝也、宮崎吾朗ら、ジブリを支える監督・アニメーターが手掛けた、計32本の「ショートショート」が収録されている。

ジブリにとっての短編

 一時期は、殺到する短編制作の依頼を断り続けていたという鈴木プロデューサーだが、ある時、考えが変わった。「ジブリにもいろんなアニメーターがいましてね、腕はあるんだけど仕事をやってくれない、面倒くさいのがいるんですよ。そういう人たちに、CMで稼いで会社に貢献していると、言い訳を作るいい機会かなと思ったんですよね」

 そうして取り組んだ短編制作は、結果として、一流のアニメーターが長編ではできない表現を試みる機会となった。鈴木プロデューサーも「ジブリのショートショートはね、みんな腕っこきが描いているから、レベルが高いんですよ」と自負する。

 また、「ジブリが作る長編って、監督がそういう人たちだから非常に凝っていてお金も時間もかかる。回収も大変だから、あまりとんがったものは作りづらい。でも短いのは実験精神で、ちょっと、とんがったことをやってみる。そういう違いはあるんじゃないですかね」とも。気になるのは、「ジブリがやりたいこと」と「クライアントの要望」とのバランスだが、「それはね、簡単なんです。条件に入れるんですよ。好きなように作りますって」と笑う。

 「企画会議なんて絶対にやらないです。(担当者が)たまたまジブリに来てくれたときにね、その場で話しちゃう。新しい方には必ず言うんです。『注文に応えるっていう経験がないんで下手なんです。だから、まずは好きに作らせてくれませんか。駄目だったらやめましょう』って。態度、デカいですよね(笑)。でも、その方がいいものができると思ってんですよ」

 その言葉の通り、「ショートショート」には、日本トップレベルのアニメーターが存分に腕を振るった映像が集まった。「結果としては、そうなりましたね。新人研修にも役立つかなって思ったんですけど、短いものは、やっぱり世間の目が厳しい。そうすると畢竟(ひっきょう)ね、うまい人に頼まざるを得なくなる。若い人たちに作ってもらったものもあるけど、やっぱり見栄えがしない。だから結果として、腕っこきがやったんです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング