佐野勇斗、真逆のキャラ好演!『かぐや様は告らせたい』裏側を明かす

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年8月13日 7時35分

映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』劇中の佐野勇斗 (C) 2019映画『かぐや様は告らせたい』製作委員会

 アニメ化もされた人気漫画を実写化する映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』(9月6日公開)で、石上優役を務める佐野勇斗が役づくりについて、さらにはストーリーにちなみ自身の青春や恋愛観について明かした。

 佐野は、先日発表された第28回日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞するなど、活躍目覚ましい若手俳優。昨年から映画『青夏 きみに恋した30日』『凜−りん−』『小さな恋のうた』など、主演作が次々と公開されている。ボーカルダンスユニット・M!LKのメンバーとしても活動しているほか、雑誌「ViVi」の人気企画「国宝級NEXTイケメン」ランキングで1位に輝いたこともある。

 公開を控える『かぐや様は告らせたい』は、エリート学校を舞台に頭脳明晰の生徒会会長・白銀御行(平野紫耀)と、文武両道で大財閥の娘である生徒会副会長・四宮かぐや(橋本環奈)が繰り広げるラブコメディー。佐野は、コミュニケーションが苦手で、リア充に対して強いコンプレックスを抱く生徒会会計・石上優を演じた。目元が隠れるほどに長い前髪が特徴的で、明るい笑顔のイメージがある佐野とはギャップを感じる役どころだ。

 これまでに挑んできた役柄は引きこもり気味な高校生、生意気な後輩キャラ、オタク系男子、クールなイケメン、バスケ部の頼もしいキャプテンなどさまざま。幅広い役どころを器用にこなす素養の持った佐野だが、「今回の役は僕自身とはかなり違う性格の持ち主だったので、すごく難しかったですね……」と吐露。

 「石上優というキャラクターは、影が薄くて、たまにしゃべったと思えば毒舌を吐いてしまうキャラなのですが、なぜかどこかほっておけない愛される存在だなと感じました。そこをどう表現するか。原作ファンの皆様に愛されるキャラクターを、失礼のないようにどう演じるか、ものすごく悩みましたね」

 実際の役づくりでは試行錯誤を重ね、メガホンを取った河合勇人監督とも意見を交わした。

 「まずは声色を寄せてみたり、それだけでは映像になると弱いので、話し方や動きに少し緩急をつけてみたり。色々なことを試して、監督とたくさん話し合いながら、この作品としての石上優を作り上げていきました!」

 本作には平野、橋本、佐野、さらに池間夏海、浅川梨奈、ゆうたろう、堀田真由といった期待の若手キャストがそろう。撮影現場では、平野の天然ぶりを目にし、笑いが止まらなかったそう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング