TAKAHIRO、市原隼人の胸筋に驚愕 撮影前に2人でパンプアップ

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年9月21日 14時19分

華を隠せない? リーダーシップを称賛されたTAKAHIRO

 EXILEのTAKAHIROが21日、TOHOシネマズ日比谷で行われた映画『3人の信長』公開記念舞台あいさつに、共演する市原隼人、岡田義徳らと出席。岡田から、上半身裸になるシーンの前に、市原と共に激しく筋トレに励んでいたことを明かされ、苦笑いを浮かべていた。舞台あいさつには相島一之、前田公輝、坂東希、渡辺啓監督も出席した。

 本作は、織田信長に討ち取られ復讐に燃える元今川軍の家臣たちと、「我こそが信長」と主張する“3人の信長”たちとの騙し合いを描いた時代劇エンターテインメント。TAKAHIRO、市原、岡田が、信長・甲・乙・丙をそれぞれ演じる。

 撮影では、早朝から深夜までシーンを共にすることが多く、互いに宿も一緒の合宿のような環境のなかで打ち解けたという3人。TAKAHIROは、風呂やサウナで市原と一緒になることが多かったようで「隼人くんがサウナで腕を組んで、胡坐をかいて静かに汗を流しているんです。胸筋がすごくて巨乳に見えるので、一瞬、女風呂かと思ったぐらい」と市原のマッチョぶりを表現。相島も「市原くんは本当にすごい体だよね」と追随すると、岡田は「でもTAKAHIROくんもすごい。『3人の信長』と言いますが、2人がすごく良い体をしているので、3人で上半身裸になるシーンは大変でしたよ」と苦笑する。

 続けて岡田は「撮影がスタートする寸前になると、2人がいないんです。どこに行ったのかなと思って探すと、陰に隠れてメチャクチャ筋トレして(筋トレ直後に筋肉がふくらむ)パンプアップしているんですよ」と暴露。これにはTAKAHIROと市原も照れ笑いを浮かべるしかなかった。
 
 また、主演を務めたTAKAHIROを市原は「華がある」と称賛。「なにごとに対してもこなしていくのではなく、向き合ってくださる方。勉強させていただきました」と頭を下げると、岡田も「TAKAHIROくんはとてもリーダーシップがあり、引っ張ってもらえました」と称え、TAKAHIROは「(華を)隠せないんですよ」とノリつつ「気さくなお二人のおかげで楽しく過ごすことができました」と感謝していた。(磯部正和)

映画『3人の信長』は全国公開中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング