『マレフィセント2』など注目作7選!【今週公開の映画】

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年10月14日 10時10分

マレフィセントが帰ってくる! (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニー映画『マレフィセント』の続編など、今週公開の注目映画を紹介する。(編集部・大内啓輔)

『眠れる森の美女』から生まれたヴィランの“その後”の物語

『マレフィセント2』10月18日公開

 『眠れる森の美女』のオーロラ姫に呪いをかけたマレフィセントが主人公のダークファンタジーの続編。前作の数年後を舞台に、オーロラ姫と暮らすマレフィセントに忍び寄る敵や、新たな呪いをめぐる物語を描く。マレフィセント役のアンジェリーナ・ジョリーとオーロラ姫役のエル・ファニングが再共演し、ミシェル・ファイファーなどが出演。監督は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』などのヨアヒム・ローニング。

吉田修一の連作短編を映画化!綾野剛×杉咲花×佐藤浩市が共演

『楽園』10月18日公開

 「悪人」「怒り」など映像化も多い人気作家・吉田修一の短編集「犯罪小説集」を映画化。ある村で起こった幼女誘拐事件、少女行方不明事件、養蜂家にまつわる事件を通して、人々の喪失と再生の物語が描かれる。主人公を綾野剛が演じ、杉咲花、佐藤浩市、石橋静河などが共演。監督は『64−ロクヨン−』シリーズなどの瀬々敬久。

『キングスマン』シリーズのタロン・エジャトン主演!伝説が蘇る

『フッド:ザ・ビギニング』10月18日公開

 レオナルド・ディカプリオが製作に名を連ねる、ロビン・フッドを題材にしたアクションアドベンチャー。領主であるロビンが頭巾で顔を隠した義賊となって、巨悪に立ち向かう。『キングスマン』シリーズや『ロケットマン』などのタロン・エジャトンを主演に迎え、ジェイミー・フォックスなどが共演。ドラマ「ブラック・ミラー」などのオットー・バサーストが監督を務めた。

役者VSカルト集団!『カメラを止めるな!』監督の最新作

『スペシャルアクターズ』10月18日公開

 『カメラを止めるな!』がインディーズ映画としては空前のヒットを記録した上田慎一郎監督の最新作。ある秘密を持つ売れない役者がカルト集団から旅館を守るべく戦いを挑む。上田監督が脚本、編集、宣伝プロデューサーを兼任。松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第7弾で、オーディションで選ばれた俳優たちが出演する。

新津ちせ主演!少女と老人、一人ぼっちの2人が紡ぐ感動の物語

『駅までの道をおしえて』10月18日公開

 『臍帯』などの橋本直樹監督が伊集院静の小説を映画化。愛犬の帰りを待ち続ける少女と、先立った息子との再会を願う老人が出会い、大事な何かを探す旅に出るさまを描く。主演を『3月のライオン』シリーズなどの新津ちせが務め、老人を笈田ヨシが演じる。有村架純が10年後の少女にふんしてモノローグを担当。主題歌は『この世界の片隅に』などのコトリンゴ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング