『ジョーカー』ホアキン・フェニックスが突然登場!上映会でファン歓喜

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年10月9日 22時18分

写真は『ジョーカー』米プレミアイベントより Rich Fury / Getty Images

[7日 ロイター] - 米ロサンゼルスで5日、バットマンの宿敵ジョーカーを描いた新作映画『ジョーカー』の上映会に主演のホアキン・フェニックスが突然登場するというサプライズがあった。ファンらは驚いたり、喜んだりする姿が見られた。

 フェニックスは複数の上映会を訪れ、ファンと対面し質問に答えた。

 『ジョーカー』は週末の北米映画興行収入ランキングで9,350万ドル(約100億4,000万円)を稼ぎ、初登場首位となった。10月に公開された作品の公開後初の週末の北米興収としては、過去最高を更新した。

 ただ、神経を逆なでされる人もいる。

 コロラド州の映画館では2012年、『バットマン』シリーズの深夜上映中に銃が乱射され、12人が死亡した。

 今回、映画館はフェイスマスクの着用や仮装を禁止し、ニューヨークとロサンゼルスの警察は警戒態勢を強化した。

 本作は、バットマンの宿敵ジョーカーが誕生するまでを描くオリジナルストーリー。フェニックスは恐ろしい暴力をふるうようになる社会的に孤立した人物を演じ、批評家から絶賛された。

 ロサンゼルスでは、突然の訪問でフェニックスの熱狂的なファンが増えたかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング