東京国際映画祭、本日開幕!『男はつらいよ』新作がオープニング作品【第32回東京国際映画祭】

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年10月28日 5時35分

本日開幕! (c) 2019 TIFF

 10月28日から11月5日まで六本木ヒルズほかの会場にて開催される第32回東京国際映画祭。28日にはレッドカーペットイベントが行われ、今年のコンペティション部門の審査委員長を務める中国の人気女優チャン・ツィイーらが登場する。オープニング作品としては山田洋次監督の新作映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』が上映される。

 女優の広瀬アリスが映画祭の顔となるフェスティバル・ミューズを務めている今年の東京国際映画祭。コンペ部門の出品作はフランスから『動物だけが知っている』(ドミニク・モル監督)、イランから『ジャスト 6.5』(サイード・ルスタイ監督)、中国からは『チャクトゥとサルラ』(ワン・ルイ監督)など14作品。日本からは手塚治虫の異色漫画を稲垣吾郎、二階堂ふみ出演で映画化した『ばるぼら』(手塚眞監督)、濱田岳と水川あさみが夫婦役で共演した『喜劇 愛妻物語』(足立紳監督)の2作品が選出されている。

 特別招待作品としては『決算!忠臣蔵』『カツベン!』『HUMAN LOST 人間失格』『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』といった邦画のほか、『アイリッシュマン』『フォードvsフェラーリ』『ジョジョ・ラビット』『アースクエイクバード』などが上映される。

 28日には東京ミッドタウン日比谷・日比谷ステップ広場で『この世界の片隅に』が、11月4日には六本木ヒルズアリーナで『カメラを止めるな!』が無料野外上映される。日比谷ステップ広場では映画祭期間中、『グレイテスト・ショーマン』『ラ・ラ・ランド』『トイ・ストーリー』シリーズなどの屋外上映を無料で楽しむことができる。

 六本木ヒルズ大屋根プラザではホリエモンこと堀江貴文氏が厳選した全国の日本酒をキャッシュオンや事前予約チケットにて味わえる「SAKE&GOURMET 祭」も実施される。(編集部・海江田宗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング