『アベンジャーズ』ルッソ兄弟、マーベルとDCのライバル関係描くドキュメンタリーをプロデュース!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年11月14日 11時37分

『エンドゲーム』監督後も大忙し!-アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟 Kevin Winter / Getty Images

 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の監督コンビで知られるアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ兄弟が、2大アメコミ出版社マーベル・コミックスとDCコミックスのライバル関係を描くドキュメンタリー『スラグフェスト(原題) / Slugfest』の製作総指揮を務めると、The Hollywood Reporter ほか各メディアが報じた。

 『スラグフェスト(原題)』は、2017年に出版されたリード・タッカーの著書「Slugfest: Inside the Epic, 50-year Battle Between Marvel and DC」にインスパイアされたドキュメンタリー。半世紀にわたり競争してきたマーベルとDCの成長と発展に迫るほか、両社の歴史における重要な出来事にもスポットが当てられるという。ドキュメンタリーは、北米にて2020年4月よりサービス開始の動画配信サービス「Quibi」向けに製作される。

 ルッソ兄弟は、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)入りを果たし、同フランチャイズを成功へと導いたヒットメーカー。今後も、トム・ホランド主演映画『チェリー(原題) / Cherry』を監督するほか、Netflixで配信予定の「マジック:ザ・ギャザリング」アニメ化のプロデュース、さらには「科学忍者隊ガッチャマン」の映画化など様々なプロジェクトを抱えている。(編集部・倉本拓弥)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング