『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』公開日は7月23日に決定!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年1月1日 0時30分

ついに『閃光のハサウェイ』の公開日が決定! (C)創通・サンライズ

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの新作となる映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の公開初日が、2020年7月23日に決定した。発表に合わせて、新たな特報映像も公開された。

 本作は、ガンダムの生みの親である富野由悠季が、1989年に書き下ろした同名小説を原作とするアニメーション映画。アムロ・レイとシャア・アズナブルの激突を描いた映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)後の宇宙世紀0105年を舞台に、アムロの戦友ブライト・ノアの息子であるハサウェイ・ノアが、新型モビルスーツ、Ξ(クスィー)ガンダムを駆って、地球連邦政府に反旗を翻す。

 YouTubeで公開された新着映像では、『プロメア』『進撃の巨人』などでも知られる作曲家・澤野弘之の劇伴に乗せて、主人公ハサウェイをはじめ、ギギ・アンダルシア、ケネス・スレッグといったメインキャラクターが初登場。また、本作を語るうえで欠かせない『逆襲のシャア』のダイジェスト映像も公開されており、こちらのナレーションは、ハサウェイの父親ブライト役の成田剣が担当している。

 2018年に映画化が発表されて以来、多くが謎のベールに包まれてきた本作だが、3月24日には、東京・お台場の Zepp DiverCity(TOKYO)で、ファンイベント「GUNDAM FAN GATHERING -『閃光のハサウェイ』 Heirs to GUNDAM-」を開催。アムロの声優・古谷徹をゲストに迎え、映画のメインキャスト陣をはじめ、主題歌アーティストや最新映像が発表される予定だ。

 監督は『虐殺器官』(2017)などの村瀬修功が務め、脚本は『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』シリーズのむとうやすゆきが担当。キャラクターデザイン原案を「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」などの美樹本晴彦、キャラクターデザインを pablo uchida、恩田尚之、工原しげきの3名、メカニカルデザイン原案には森木靖泰、メカニカルデザインをカトキハジメ、山根公利、中谷誠一、玄馬宣彦の4名が手掛ける。(編集部・入倉功一)

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は2020年7月23日より全国公開

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング