金子大地「恋はつづくよどこまでも」で先輩・佐藤健と共演

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年1月14日 12時1分

 「おっさんずラブ」のマロ役で注目を浴びた俳優の金子大地が、14日よりスタートするTBSの新ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(毎週火曜よる10時)に出演することが明らかになった。

 原作は、小学館「プチコミック」で掲載された円城寺マキによる同名漫画。ある日、偶然起きた出来事で“運命の男性”となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(上白石萌音)。それから5年、彼を追い看護師となった七瀬は、憧れのドクター・天堂浬(佐藤健)とついに再会。しかし、天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人。周囲から「魔王」と恐れられている超ドSな天堂に憤慨しつつも、それでも好きな気持ちは変わらず、仕事に恋にまっすぐな七瀬は、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく。

 金子が演じるのは、七瀬と天堂が勤める日浦総合病院の入院患者で、七瀬が命に向き合い成長するきっかけとなる神田光喜。急な不整脈のため日浦総合病院の循環器内科に入院し、病で苦しみながらも、七瀬に影響され明るく前向きに命と向き合う。そして七瀬にとっても、看護師として成長するターニングポイントとなる存在だ。

 金子自身も「今回僕が演じる神田光喜は、七瀬が新米看護師になって一番初めに関わる患者として、七瀬のターニングポイントとなるようなとても重要な役どころです。入院患者の役ですが、同じ患者さんたちや七瀬と話すときは、とにかく明るく演じようと心がけました」とコメント。

 佐藤は事務所の先輩でもあり、「佐藤健さんとは、この作品で初めてきちんとご挨拶させていただきました。小さいころから(テレビで)見ていた方でもありますし、今は先輩としてとても尊敬しているので、共演できてうれしかったです。今作の天堂というストイックなドクター役がすごくハマっていて、とてもかっこいいです」と尊敬のまなざしを向けた。(編集部・中山雄一朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング