佐野勇斗&飯豊まりえ「僕だけが17歳の世界で」視聴者数、番組最高を更新!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年3月6日 20時10分

7年の歳月が… (C)AbemaTV

 5日に放送された佐野勇斗と飯豊まりえ共演のAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」第3話の放送初日の視聴者数が、同番組の過去放送回の中で最も高い数字を記録した。(以下、第3話のあらすじに触れています)

 本作は実は両思いだった幼なじみの芽衣(飯豊)にお互いに気持ちを伝えられないままで、高校卒業を待たずに亡くなってしまった航太(佐野)が、季節外れの桜が咲く間だけ17歳のままで戻ってくるというファンタジー作品。第3話では自分の死から経過した7年の歳月による変化に動揺を隠せない航太と、今の自分を航太に知られたくない芽衣の姿が描かれた。

 そんな2人に感情移入する視聴者の声が上がっていた第3話では、結木滉星が演じている航太と芽衣の幼なじみ・伊織が衝撃の告白をする場面も。この展開に衝撃を受ける人や、航太の死因と伊織の関係性を考察する人もいた。

 第2話の放送後1週間の視聴者数が第1話を上回っており、第3話の放送初日の視聴者数とあわせて右肩上がりの結果となっている。12日よる11時から放送される第4話では、再び距離を縮めていく航太と芽衣を新たな切なさと胸キュンが待ち受けている。(編集部・海江田宗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング