今夜「ウォーキング・デッド」シーズン10第14話!ユージーンらが向かう先は…

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年3月30日 8時3分

シーズン10も残り2話! (C) 2019 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン10の第14話「後悔の黄色い花」が、30日よる10時よりFOXチャンネルにて日本最速・独占放送される。シーズン後半も佳境を迎え、ダリル(ノーマン・リーダス)ら生存者たちの物語もさらに加速していく。(以下、第14話のストーリーに触れています)

 シーズン10後半で、“囁く者(ささやくもの)”との全面戦争に突入した生存者たち。総力を挙げてヒルトップを守ろうとするものの、ウォーカーの大群に苦戦を強いられ、ヒルトップを脱出することに。一方、囁く者と行動を共にするニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)は、隙をつき囁く者のリーダー・アルファ(サマンサ・モートン)を殺害してしまう。

 アレクサンドリアの牢獄からニーガンを出したのは、キャロル(メリッサ・マクブライド)だった。彼女は、許しが欲しいならアルファの首を取れと言い、ニーガンを送り出していた。そして、キャロルの元にアルファを仕留めたニーガンが現れる。

 ヒルトップから逃れた人々は、森の中の家に避難していた。そこでユージーン(ジョシュ・マクダーミット)は、ロジータ(クリスチャン・セラトス)に背中を押され、無線の相手ステファニーや新たなコミュニティーのことを打ち明け、会いに行きたいと許可を願う。しかし、ダンテ(フアン・ハビエル・カルデナス)のようなスパイかもしれないと反対されてしまう。(編集部・倉本拓弥)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング