菅田将暉、予告なしで「MIU404」登場!素性のしれぬ男役でレギュラー出演決定

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年7月10日 22時54分

菅田将暉

 10日に放送された綾野剛と星野源が主演を務めるTBSドラマ「MIU404」(ミュウ・ヨンマルヨン 毎週金曜よる10時~)の第3話に菅田将暉が登場。3話以降、レギュラー出演することが本放送を持って同局より発表された。

 本作は、警察内部で“何でも屋”と揶揄される初動捜査のプロフェッショナル「機動捜査隊」(通称:機捜)のコンビ・伊吹藍(綾野)と志摩一未(星野)が、24時間のタイムリミットの中で事件解決を目指すさまを追う1話完結型のストーリー。脚本は、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」などの野木亜紀子。

 第3話の放送前に黒川智花が謎の女役で新たにレギュラー出演することが発表されていたが、菅田の出演については触れられておらず、サプライズな展開となった。菅田が演じるのは、素性の知れない男。第3話で高校の元陸上部員が関与したドラック事件と、イタズラ通報を繰り返していた旧陸上部の成川岳に関わる重要な役どころ。菅田は、ドラマのタイトルをふまえ、自身の役柄を以下のようにコメントしている。

 「この世には"404 not found"が無数に存在しています。見つけられない何か、消された何か、忘れ去られた何か、スッキリ見通しが良い反面、ちょっと気持ち悪い瞬間。皆さまありませんか? 人間にとって必要なものがぼくにとって必要とは限らない。世の中の事情とぼくの事情。善と悪では治められないグレーゾーン。ぼくが演じるのはそんな男です。どうか、見つかりませんように」

 第3話には、「アンナチュラル」で大倉孝二と吉田ウーロン太が演じた刑事コンビ、毛利と向島が登場。2人が所属する西武蔵野署管内でネット上のゲームのルールを模倣したというイタズラ通報が頻発。これまでイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた俊足の伊吹が犯人逮捕に名乗りを上げ、志摩と共に奔走するさまが描かれた。ゲストとして前田旺志郎、山田杏奈、岡崎体育、鈴鹿央士も出演し、鈴鹿が演じた成川も今後のストーリーに深く関わっていくという。

 なお、TBSでは11日の16時から第3話を再放送する。(編集部・石井百合子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング