「くまもと復興映画祭」チャリティー映画祭として10月開催!高良健吾プロデュースTシャツも販売

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年9月16日 6時0分

「くまもと復興映画祭2020」に協力する高良健吾、芋生悠、映画祭ディレクターの行定勲監督

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』などの行定勲監督がディレクターを務める「くまもと復興映画祭」が、7月の豪雨災害で被害を受けた方々へのチャリティーを目的とした「えがおPRESENTS くまもと復興映画祭2020」として、10月2日から4日まで、熊本県・熊本市の熊本城ホールで開催されることが決定した。

 「くまもと復興映画祭」は、行定監督が、2016年4月14日に発生した熊本地震の復興にまい進してきた熊本に「映画の力で元気を与えたい」という思いからディレクターを務める映画祭。今年も4月の開催を予定していたが、新型コロナウィルス感染拡大防止措置の一環として延期されていた。

 映画祭は、感染予防に十分配慮したうえで行われ、会場に来られない観客のために、上映後のトークショーもオンラインで実施する予定。今年は、令和2年7月豪雨の被害に見舞われた人々へのチャリティーを目的としており、義援金を広く募る。開催にあたり行定監督は「どんな困難な状況でも映画を求める人がいる限り、私たちは映画を作り続けていくのだと思います。映画はこの時代に何かの気づきを与えてくれるものだと思っています。作り手が映画に託した想いをお届けできればと思っています」とコメントを寄せている。

 同映画祭には6度目の参加となる、熊本県出身の俳優・高良健吾がプロデュースしたチャリティーTシャツも販売。イラストレーターの下田昌克が絵・デザインを担当しており、収益の一部は被災地へ寄付される。また、同じく熊本出身で、映画『ソワレ』(外山文治監督)などで注目を浴びる若手女優・芋生悠も映画祭に賛同し、コメントを寄せている。行定監督らのコメント全文は下記の通り。(編集部・入倉功一)

行定勲監督コメント

2020年、世界中が生活を一変させる事態に追い込まれました。私の故郷、熊本は2016年の地震からの復興の途上、コロナウィルス感染に向き合う中、令和2年7月豪雨に襲われるという受難の年となりました。今尚、日常を取り戻せずにいる被災地を応援するために、延期をしていました「くまもと復興映画祭」を開催することにしました。今年はチャリティー映画祭として開催したいと思います。映画を愛する人々が集う映画祭を開催できる喜びを感じながら、コロナウィルス感染予防対策をしっかりとし、密を避けた劇場で熱く濃密な人間の姿を描いた映画を観ていただきたいと思っています。会場に来られない方々には上映後のトークショーをオンラインで公開いたします。どんな困難な状況でも映画を求める人がいる限り、私たちは映画を作り続けていくのだと思います。映画はこの時代に何かの気づきを与えてくれるものだと思っています。作り手が映画に託した想いをお届けできればと思っています。そして、熊本出身の俳優、高良健吾プロデュースのチャリティーTシャツも販売いたします。映画祭のすべての収益は熊本南部豪雨の被災地の復興への寄付とさせていただきます。是非、くまもと復興映画祭の心のこもった3日間をよろしくお願いいたします!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング