日本版で再注目!「24 TWENTY FOUR」初期キャストはいま

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年10月18日 6時3分

「24」シーズン1に登場していたキャストたち -左からカルロス・バーナード、キーファー・サザーランド、サラ・クラーク FOX Image Collection via Getty Images / Gareth Cattermole / Charley Gallay / Getty Images for Amazon Studios

 テレビ朝日系ドラマ「24 JAPAN」(毎週金曜よる11時15分~)の放送が始まったことで、再び注目を浴びている海外ドラマ「24 TWENTY FOUR」。日本版はオリジナル版のシーズン1がベースとなっており、第1話から再度見返しているファンも多いことだろう。ここでは、オリジナル版シーズン1に出演していたキャストの現在を紹介する。(編集部・倉本拓弥)

ジャック・バウアー役/キーファー・サザーランド

 CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドは、現在53歳。2001年の放送開始から2010年のシーズン8まで、9年にわたりジャックを熱演し、「24 TWENTY FOUR」は自身の代表作に。2014年のシリーズ続編「24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ」で再び主演を務めた後、スピンオフ「24:レガシー」(2017)では製作総指揮として参加している。その後は「サバイバー:宿命の大統領」(2016~19)といったドラマに出演しているほか、2016年にはカントリー歌手としてアルバムを発表し、ツアーも開催している。

テリー・バウアー役/レスリー・ホープ

 ジャックの妻テリー・バウアーを演じたレスリー・ホープは、現在55歳。「24 TWENTY FOUR」はシーズン1のみの出演で、その後は「Dr.HOUSE −ドクター・ハウス−」(2004~05)、「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」(2013~16)、「SUIT/スーツ」シーズン5(2015~16)などの人気ドラマへゲスト出演が続いた。また、監督としても実力を発揮しており、ドラマ「ヴァン・ヘルシング」「ロスト・イン・スペース」「ザ・オーダー 暗黒の世界」「スノーピアサー」などのエピソード監督を担っている。

キンバリー・バウアー役/エリシャ・カスバート

 来月38歳の誕生日を迎えるエリシャ・カスバートが演じたのは、ジャックの一人娘で“キム”の愛称で知られるキンバリー・バウアー。シーズン5(2006)からはゲスト出演という形になったが、最終シーズンまで合計79エピソードに出演した。シリーズ終了後は、「ハッピー・エンディングズ(原題) / Happy Endings」(2012)、「ワン・ビッグ・ハッピー(原題) / One Big Happy」(2015)、「The Ranch ザ・ランチ」(2016~20)といったシットコム(シチュエーション・コメディー)で実力を発揮している。プライベートでは、2013年にプロアイスホッケー選手のディオン・ファヌーフと結婚している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング