日本版で再注目!「24 TWENTY FOUR」初期キャストはいま

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年10月18日 6時3分

トニー・アルメイダ役/カルロス・バーナード

 ジャックと度々衝突していたCTU捜査官トニー・アルメイダ役のカルロス・バーナードは、先日58歳の誕生日を迎えた。アルメイダは、シーズン2からメインキャラクターに昇格し、シーズン7(2009)まで登場。カルロスはその後、スピンオフ「24:レガシー」(2017)で同キャラクターを再演している。「24 TWENTY FOUR」出演後はテレビドラマを主戦場としており、主な作品は「ダラス」(2012~13)、「HAWAII FIVE-0」(2013~18)、「MACGYVER/マクガイバー」(2017~18)など。最近の出演作には「SUPERGIRL/スーパーガール」シーズン3(2017~18)がある。

ニーナ・マイヤーズ役/サラ・クラーク

 アルメイダと親密な仲にあったCTU捜査官ニーナ・マイヤーズを演じていたのは、現在48歳のサラ・クラーク。シーズン1はレギュラーキャストとして出演し、シーズン2とシーズン3はゲスト出演となっている。その後は映画『トワイライト~初恋~』(2008)や、「Dr.HOUSE −ドクター・ハウス−」(2004~05)、「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」(2015~16)、「BOSCH/ボッシュ」(2014~18)などのテレビドラマに出演。プライベートでは、「24 TWENTY FOUR」シーズン1でジャックの上司ジョージ・メイソンを演じていた俳優ザンダー・バークレイと、2002年に結婚している。

デイビッド・パーマー役/デニス・ヘイスバート

 現在66歳のデニス・ヘイスバートが演じたのは、テロリストに命を狙われたアメリカ初の黒人大統領候補デイビッド・パーマー。シーズン2では大統領として登場し、以降シーズン5まで物語に絡んでいる。その後は、ドラマ「ザ・ユニット 米軍極秘部隊」(2006~09)をはじめ、『カンフー・パンダ2』(2011、声の出演)、『シン・シティ 復讐の女神』(2014)、『テッド2』(2015)といった話題作に出演。最近の出演作には、ドラマ「LUCIFER/ルシファー」シーズン5(2020)がある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング