MCU作品、今年はゼロ本…「ワンダヴィジョン」は年明け配信に【今週のマーベル】

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年11月15日 19時2分

フェーズ4開幕は年明け! (c) 2020 Marvel

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初の実写ドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」の配信日決定など、今週(11月9日~13日)起きたマーベルに関する出来事を振り返ります。(編集部・倉本拓弥)

「ワンダヴィジョン」は年明け配信 今年はMCU作品ゼロ本に

 マーベル・スタジオ製作の実写ドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」が、動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で来年1月15日に日米同時配信されることが決定しました。当初、2020年内に配信を予定していた本作ですが、年明け配信に変更に。2020年は新型コロナウイルスの影響でMCU映画が1本も公開されないため、「MCU作品がゼロ本」というまさかの年になってしまいました。

シットコム形式の「ワンダヴィジョン」観客を入れて撮影していた

 「ワンダヴィジョン」は、MCU作品で初めてシットコム(シチュエーションコメディー)形式を採用したドラマシリーズとなります。Entertainment Weekly によると、本作は他のシットコム作品のようにスタジオに観客を入れて撮影を行ったとのこと。秘密主義のマーベルだけあって、観客は全員かなり厳重な秘密保持契約書にサインしていると報じています。ヴィジョン役のポール・ベタニーは、撮影について「終盤はみんなハイになっていた。もっと番組を続けたかったね」と同サイトに語っています。

『マイティ・ソー』タイカ・ワイティティ、米コカ・コーラCMを監督

 『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティが、米コカ・コーラの2020年クリスマスシーズン向けCMを監督。娘から預かったサンタへの手紙を届けるべく、父親が険しい道のりを進むという内容で、感動的なラストが「泣ける」と話題です。タイカ監督がメガホンを取るシリーズ第4弾『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題) / Thor: Love and Thunder』(2022年2月11日全米公開)は、来年初めに撮影がスタートする予定となっています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング