浜野謙太&川栄李奈、ピクサー新作『ソウルフル・ワールド』日本版声優に

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年11月19日 5時0分

 12月25日よりディズニープラスで配信されるディズニー&ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』の日本版声優を、浜野謙太と川栄李奈が務めることが明らかになった。

 本作の舞台は、人が生まれる前に「どんな自分になるか」を決める“魂=ソウルの世界”。浮かれ気分で街を歩いている最中にマンホールへ落下してしまい、“魂=ソウルの世界”に足を踏み入れ、目を覚ますと青くかわいらしいソウルの姿になってしまった音楽教師のジョーを浜野、ジョーがそこで出会うソウルの“22番”を川栄が演じる。

 アメリカ本社のオーディションを経て、日本版声優の座を射止めた二人。共にディズニー&ピクサー声優初挑戦で、浜野は「オーディションに参加できるだけでもすごく嬉しかったですし、本気で頑張ったので、受かったことが単純に嬉しかったです」、川栄は「本当に嬉しかったです。嬉しすぎて叫びました!」と歓喜。

 ジョーは、音楽こそが自分の人生のすべてだと疑わないまっすぐなキャラクターで、ミュージシャンになる夢を叶えるためにソウルの世界から地上に戻ろうと奔走する役どころ。ミュージシャンとして活動している浜野は「自分に本当に近い存在ですね。プロのジャズピアニストになる夢だけを追い続けるジョーを観て“俺だ!”と思いました」とすっかり感情移入した様子。本作はジョーと22番によるコミカルな掛け合いも魅力の一つとのことで、「面白いポイントをもっと面白くしたい、と何度もやらせてもらいました」とアフレコを振り返った。

 ソウルたちは夢や情熱、興味など自分の人生を輝かせてくれる“人生のきらめき”を見つけることで、人間の世界に生まれることができる。しかし、22番は自分のやりたいことが見つけられず、「人間の世界に行きたくない」と何百年もソウルの世界にとどまっている、こじらせソウルで、ジョーが地上に戻るため共に冒険をする相棒のようなキャラクター。

 川栄自身も学生の頃は将来の自分がイメージできず、22番のようだったと振り返り、「22番のように、“何をしたらいいのか”“自分のやりたいことってなんだろう”と悩んでいる人が私の周りや若い世代には多いかもしれないです」と共感。「そういう悩みを抱えている方はこの映画を見て考え方が変わると思います。これから先の大切なものが見つけられる映画です」とアピールした。(編集部・中山雄一朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング